札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

サクふわ!バナナシナモンスコーン

f:id:sapo1728-htn:20200707154703j:plain

こんにちは、札幌ペンギンです。

今日は七夕ですが札幌は生憎雨の予報。

ついでに七夕感の微塵もないレシピで失礼します(笑)

皮が真っ黒になりかけのバナナがあったので久し振りにスコーン。シナモン風味を利かせて作りました。焼いてる時からシナモンのいい香りで幸せ気分。

苦手な方は入れなくても量を減らしてもバナナスコーンで十分美味しいですよ。

 

バナナシナモンスコーン

f:id:sapo1728-htn:20200707154610j:plain

材料(約6~12個分)

薄力粉 150グラム

ベーキングパウダー 小さじ1強

砂糖 40グラム

シナモンパウダー 小さじ2

無塩バター 45グラム

卵 1個

バナナ 中サイズ1本

牛乳 大さじ2

 

薄力粉 打ち粉用適量

 

作り方

1.ボウルに粉類をすべて入れ、泡立て器でよく混ぜる。よく冷やしたバターを小さな角切りにして加え、フォークや手を使ってちぎりながら粉と混ぜ合わせてそぼろ状にする。

f:id:sapo1728-htn:20200707154532j:plain

2.1のボウルに潰したバナナと卵、牛乳を合わせたものを加え、ゴムべらなどでざっくりと混ぜる。粉がまだ少し残っている程度でラップに取り出して包み、冷蔵庫で15分以上休ませる。

f:id:sapo1728-htn:20200707155220j:plain

f:id:sapo1728-htn:20200707155133j:plain

3.オーブンを180度に予熱する。冷蔵庫から2を取り出し打ち粉をして包丁で好みの大きさに切り分ける。オーブンシートを敷いた天板に並べ、180度のオーブンで20分程度焼いて出来上がり。

f:id:sapo1728-htn:20200707155007j:plain

外はサクサクで中はふんわり柔らかめの仕上がり。

焼き立てが一番サクふわを楽しめるけど1日経って冷めた方がバナナ感は強め。時間経ってもあまりパサつきません。今回は少しずつ食べられるように小さめサイズの12等分で作りました。6~8等分が市販品のサイズに近いと思います。

1のバターを混ぜる工程はあればフードプロセッサーやミキサーなどでやるとバターも溶けず短時間で出来て簡単です。

生地にしっかり練り込んだおかげで口に入れると広がるバナナの甘さ。シナモンの香りも口中に広がります。暑い日にはバニラアイスと一緒にひやあつの組み合わせを楽しんでみてください!