札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

憂うつ気分解消レーズンバナナマフィン

f:id:sapo1728-htn:20200421171154j:plain

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌の中心部もすっかり休業状態で静かになってしまいました。札幌はこれから桜が咲いて、景色も食べ物も良い季節。早く収まって元に戻ってくれると良いんですが。

気が滅入って憂うつな時にはやっぱり甘い物!ということで今日はマフィンを作りました。レーズンとバナナの優しい甘さで子供も大人も好きな味。

作業時間も焼き時間も比較的短いマフィンは気が向いた時にさっと作れて気分転換におすすめです。

 

レーズンバナナマフィン

f:id:sapo1728-htn:20200421171100j:plain

材料(8号おかずカップ約6個分)

無塩バター 60グラム

砂糖 60グラム

卵 1個

牛乳 50ミリリットル

バナナ 中~大サイズ1本

薄力粉 120グラム

ベーキングパウダー 大さじ1/2

レーズン 20~30グラム

 

作り方

1.バターと卵、牛乳を常温に戻しておく。バナナはフォークなどで潰し、レーズンはオイルコーティングしてある場合はぬるま湯で洗って水気を取っておく。

 

2.オーブンを180度に予熱しておく。ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまですり混ぜる。砂糖を2~3回に分けて加え白っぽくなるまで混ぜたら、溶いた卵も同じく数回に分けて加えながら混ぜる。

f:id:sapo1728-htn:20200421170902j:plain

3.2のボウルに牛乳とバナナを加えて混ぜる。薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラに持ち替えてざっくり混ぜたらレーズンを加え粉気がなくなるまで混ぜる。

f:id:sapo1728-htn:20200421170942j:plain

4.3の生地を型に入れ、天板に並べる。180度のオーブンで25分程度焼いて出来上がり。

f:id:sapo1728-htn:20200421171020j:plain

レーズンは表に出てると焦げやすいので出来るだけ中に入れましょう。

おかずカップは柔らかくて開きそうな場合はプリン型やサイズの合う陶器の器などに入れて焼くと広がらずにきれいに焼けます。

焼きたてを割るとバナナの良い香り。優しい甘さとレーズンの酸味は相性ぴったりで冷めてもまた違った美味しさです。

f:id:sapo1728-htn:20200421171330j:plain

気が滅入った時に頬張るとちょっと気分が上向きますよ。

バターが無い!という方はブログの「マフィン」で検索するとマヨネーズなどバター無しで作るマフィンレシピも載ってます。良かったら見てみて下さいね!