札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

皮柔らかで食べやすい!金柑の白ワインコンポート

こんにちは、札幌ペンギンです。

最近よくスーパーで目にする金柑。あまり食べたことは無かったんですが、風邪予防に良いと聞いて買ってみました。

生のまま食べるのは皮が気になって食べにくい気がしたので頂き物の白ワインでコンポートにしてみることに。

皮も種も気にならず、皮の苦味も抑えられて食べやすいので金柑初挑戦の方におすすめです。

 

金柑の白ワインコンポート

材料(金柑約500グラム分)

金柑 500グラム

ラニュー糖 100グラム

白ワイン 150ミリリットル

水 150ミリリットル

 

作り方

1.金柑の表面を塩でこすり洗いする。ヘタを取り、横半分に切って種を取り除く。

2.小鍋にグラニュー糖、白ワイン、水を入れ、弱火にかけてグラニュー糖が溶けるまで混ぜる。

3.2に金柑を入れ、中火で煮立ててアクを取り除く。弱火にして落し蓋をし、20~30分煮込んで出来上がり。消毒した瓶またはタッパーに入れて保存し2~3週間以内にいただく。

作ってから2~3日寝かせてからが食べ頃です。

まるごとの金柑に切り込みを入れて種を竹串などでほじくり出す作り方もありますが私の技術力では難しそうだったので半分に切って取り出す方法で。

かなり種が多かったのでこちらで正解だったなと思います。

煮上がった金柑は皮がツヤツヤで宝石みたいな光沢。パンケーキに乗せていただきました。

レモンやオレンジよりも優しい酸味。シナモンスティックやクローブ、黒胡椒などのスパイスを入れて作ることが多いようですが今回はシンプルに砂糖と白ワインのみ。

シロップも生姜汁と一緒にお湯で割ればホットドリンクに。ヨーグルトやアイスに乗せても美味しそうです。

チョコレートにも合いそうなのでバレンタインまで色々試してみたいと思います。