札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

素朴な味のザクザク黒糖レーズンスコーン

こんばんは、札幌ペンギンです。

とうとう雪が降ってしまいました。冬突入です。

だんだん大掃除や年末年始の準備が秒読みに入ってくるのでこの時期少々憂鬱。

おやつを切らしてしまったのでなにか作りたいけどあまり動きたくない。

出来るだけ手間を掛けたくないので分量覚えてるスコーンをごはん前にささっと作りました。フードプロセッサー出すのも面倒だったので久しぶりに手作業です。

黒糖にレーズンでやや和風の素朴なスコーン。生地を何度も折ったのでよく膨らみました。

 

黒糖レーズンスコーン

材料(約8~10個分)

強力粉 250グラム

黒糖 粉末タイプ45~50グラム

ベーキングパウダー 大さじ1/2

無塩バター 50グラム

卵 1個

牛乳 50ミリリットル

レーズン 20~30グラム

 

作り方

1.レーズンはオイルコーティングしてある場合はぬるま湯で洗って水気を取っておく。ボウルに強力粉、黒糖とベーキングパウダーを入れ、泡立て器でよく混ぜる。

2.冷蔵庫から出したての冷えたバターをさいの目切りにして加え、フォークまたはスケッパーなどで切るように混ぜ合わせてそぼろ状にする。

3.溶き卵と牛乳を合わせた物を2の中央を凹ませて流し入れる。ざっくりと混ぜたらレーズンを加えて混ぜ、ラップに包んで冷蔵庫で15分以上休ませる。

4.オーブンを180度で予熱し、冷蔵庫で休ませた3を取り出す。打ち粉(分量外)をしながら何回か折りたたんで2~3センチの厚みに伸ばし、包丁で切り分ける。オーブンシートを敷いた天板に並べて180度のオーブンで20分焼いて出来上がり。

粉が若干残ってるくらいまででラップに包んでOKです。極力手を触れずに生地が冷たい状態を維持しましょう。

何回も折りたたんだ強力粉の生地はしっかり層が出来てザクザク食感。割ってジャムやクリームを付けても美味しいです。つぶあんとかも合いそうですね。

今回はパンケーキ用に作って余ったみりんのシロップを付けました。みりんを半量くらいまで煮詰めてとろっとさせると出来ます。ほんのり甘酒に似た風味であっさりした味。黒糖味の素朴なスコーンには良く合いました。

ザクザク食感と素朴な味が好きな人はぜひお試しあれ。