札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

本日の晩ごはん~いかとキュウリの中華炒め

こんばんは、札幌ペンギンです。

もう10月も下旬に入ってきたのに札幌は暖かい日が続いてます。木はすっかり秋色ですが昼間ならコートがいらない位の陽気です。

こう暖かいとかえって冬が心配になってくるのは北海道民の性でしょうか?

さて、だいぶ冷凍庫がギュウギュウ詰めになってきたので整理してたら出てきた冷凍のいか2杯。

使おうと思っている内にどんどん奥に行って忘れてしまってたみたいです。丁度良いので使ってしまいたいキュウリと合わせて晩ごはんの中華炒めにしてみました。

キュウリの緑色が鮮やかです。

 

いかとキュウリの中華炒め

材料(約3人分)

いか 小サイズ2杯(胴体部分)

キュウリ 2本

長ネギ 青み部分1本分

にんにく 1片

ごま油 大さじ1

塩 ひとつまみ

顆粒ガラスープ 大さじ1

水 150ミリリットル

酒 大さじ1

オイスターソース 小さじ1

鷹の爪 輪切り少々

片栗粉 小さじ2

 

作り方

1.いかは骨と皮を取り除き、三角と胴体それぞれ縦半分に切って横に1センチ幅の短冊切りにする。小鍋に湯を沸かして酒と塩少々(分量外)を入れ、いかを入れてさっと火を通してザルに上げておく。

2.にんにくは薄切り、キュウリは1/3の長さに切って縦に6~8等分、ネギは縦半分に切って細めの斜め切りにする。

3.熱したフライパンにごま油とにんにくを入れて香りを出し、ネギとキュウリを入れて塩を振って炒める。

 

4.3に油が回ってきたら顆粒ガラスープ、水と酒を加えてひと煮立ちさせ、オイスターソースと鷹の爪を加える。仕上げに1のいかを加えて水溶き片栗粉でとろみを付けて出来上がり。

あっさり味にしたい時にはガラスープ多めでしっかり下味をつけます。

いかは先に下茹でしたので柔らかいまま。

前はキュウリの炒めものってなんとなく避けてたけど、食べてみるとアクや青臭さが抜けて食べやすく、すっかり加熱して食べる派になりました。

いかの風味とキュウリが良く合う中華炒めはご飯にもよく合います。

いかやキュウリの使い道で悩んだら試してみてくださいね。