札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

本日は十五夜!芋きんとんの牛乳もちぜんざい

こんにちは、札幌ペンギンです。

十五夜本番の今夜、札幌はよく晴れてお月見日和の良い空でした。

前回予行練習で作った白玉ぜんざいから、家族のリクエストで白玉を牛乳もちに、さつま芋は潰してきんとんに変更して作りました。

どちらも以前紹介したレシピです。

ちょうど芋きんとんがお月さまらしく見えて十五夜にぴったりでした。

 

芋きんとんの牛乳もちぜんざい

材料

牛乳もち

牛乳 350ミリリットル

砂糖 30グラム

片栗粉 50グラム

 

洋風芋きんとん

さつま芋 中サイズ1本

オリーブ油またはサラダ油 少々

塩 ひとつまみ

バター 10グラム

砂糖 大さじ2

牛乳 大さじ3~4

 

ゆで小豆 適量

 

作り方

牛乳もち

penguin-hkr-days.hatenablog.jp

1.小鍋に材料を全て入れてヘラでよく混ぜる。混ぜながら粘りが出るまで中火にかける。

 

2.ラップを敷いた平たい容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

 

洋風芋きんとん

penguin-hkr-days.hatenablog.jp

1.さつま芋の皮をむき、5ミリ幅位の輪切りにする。鍋に入れて塩ひとつまみと油、ひたひたの水を入れて蓋をし、水分が飛ぶまで火にかける。

 

2.1が焦げる前に火を止め、木べらで芋をよく潰す。砂糖と牛乳を加えてよく練り、仕上げにバターを加えて冷ます。

 

盛り付け

1.牛乳もちは濡らした包丁で好みのサイズに切り分け器に盛る。

 

2.芋きんとんはラップに大さじ1程度取って茶巾絞りの要領で丸める。

 

3.1の器にゆで小豆を乗せ、最後に芋きんとんを飾って出来上がり。

分量はそれぞれ作りやすい量で作ってるので3人分でかなり余ります。写真の量で5~6人分は出来るでしょう。

それぞれ別々に食べても美味しいので余った分は冷蔵しても。牛乳もちはきなこで食べてもあっさり食べられますし、芋きんとんはケーキやパイなどの中身に使うのもおすすめ。旬のりんごとも好相性です。

これから秋本番、段々寒くなってくるけど美味しいものもどんどん出てきて楽しみな季節です!