札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

苺も生クリームも無しで作るベリーヨーグルトクリームのひな祭りケーキ

こんにちは、札幌ペンギンです。

今年のひな祭りは日曜日なんですね。

ケーキ屋さんが親子連れでいっぱいになりそうです。

当日のお菓子をどうしようかはまだ考え中ですが、それとは別に春っぽいケーキを作ろうと思って冷蔵庫を物色。

年末から結構材料費使ってたのでちょっと節約。あるもので作ります。

家で作って常備してあるヨーグルトと買い置きしてたホワイトチョコ、ワゴンセールで買った苺ジャムを発見。

ホイップクリームの代わりに水切りヨーグルトを使ったピンク色のクリームでケーキを作りました。

 

ベリーヨーグルトクリームのひな祭りケーキ

 

ベリーヨーグルトクリーム

材料 (ヨーグルト400グラム分)

ヨーグルト 400グラム

ホワイトチョコ 80グラム

無塩バター 10グラム

苺ジャム 大さじ3

冷凍ベリー 60グラム

砂糖 大さじ1

レモン汁 小さじ1

(冷凍ベリーは無ければ省略出来ます)

 

作り方

1.ヨーグルトを一晩水切りしておく。冷凍ベリーは耐熱容器に入れ、砂糖とレモン汁を加えてラップをし、500Wのレンジで1分ずつ様子見ながら3分加熱して潰しておく。

2.水切りしたヨーグルトをボウルに入れ、苺ジャムと1のベリーを加えて泡立て器で良くかき混ぜる。

3.細かく割ったホワイトチョコと無塩バターを湯煎で溶かし、2に加えて分離しなくなるまでよく混ぜる。空気を含んでホイップ状になったらラップをして冷蔵庫で冷やしておく。



共立てスポンジケーキ

材料(直径15センチサイズ1台分)

卵 3個

砂糖 60グラム

無塩バター 20グラム

牛乳 大さじ1

薄力粉 65グラム

片栗粉 15グラム

 

作り方

1.卵は常温に戻しておき、型にオーブンシートを敷く。無塩バターと牛乳を耐熱容器に入れ、500Wのレンジで30秒加熱する。オーブンを190度に予熱し始め、卵をボウルに割り入れ、砂糖を加えて湯煎しながらハンドミキサーの高速で泡立てる。

2.生地を垂らして帯状に残るぐらいになったら中速、低速と速度を落としてキメを整え、1の溶かしバターを加え、バターの筋が見えなくなるまで混ぜる。

 

3.2に薄力粉と片栗粉を合わせて振るい入れ、ゴムベラで下から持ち上げるように粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。

 

4.3を型に流し入れ、2~3回落として空気を抜く。190度のオーブンで20分焼き、その後170度で10分焼く。焼き上がったら1回落として空気を抜き、紙を付けたまま逆さにしてケーキクーラーなどに乗せて冷ます。

仕上げ

1.冷ましたスポンジを皿に乗せ、半分の厚みにスライスする。

2.冷やしておいたクリームを取り出し、泡立て器で混ぜてなめらかにする。

 

3.スポンジにクリームを適量挟み、上にもクリームを塗って角を立てる。アラザンなどを好みで飾り出来上がり。

どうかなと思ったけど意外とホイップクリームっぽくなったヨーグルトクリーム。

ホワイトチョコを入れたのでそれなりに固さが出たようです。

結構甘くなるのでお好みでレモン汁など入れるとさっぱりするかも。

生クリームよりも軽くて胃に優しい仕上がり。

ヨーグルトは水切りすると半量ぐらいに減ります。出たホエーは捨てずにカレーやシチュー、お菓子などに。

冷凍ベリーは無くても苺ジャムだけでちゃんとピンク色になるので大丈夫です。

クリームの分量は多めにしてあるので写真の使い方だといくらか余ります。

なので材料が多少足りなくても大丈夫。

ケーキのサイズを1サイズ大きくしたり、全体を覆うように塗ってデコレーションケーキ風にしても。ボウルなどでスポンジ焼いてドーム型も可愛いですね。

クリームが垂れやすいので使う前によく冷やして、食べる直前に冷蔵庫から出すのがおすすめです。

クリスマスに使ったアラザンもあったのでデコレーションに活用。

苺やベリーなどあればまた豪華になりますね。

スポンジケーキにピンクのヨーグルトクリームとアラザンのデコレーション。

シンプルですが少しはひな祭りらしいケーキになったでしょうか?