札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

簡単みかんピールとバレンタインにも使えるみかんピールのチョコレートケーキ

こんにちは、札幌ペンギンです。

デパートでもバレンタインフェアが始まりましたね。

私も毎年好みのチョコを求めて見に行きます。

チラシにオレンジ味のチョコが載っているのを見たら、チョコと柑橘の組み合わせが食べたくなってきたのでバレンタインの予行練習に作ってみることに。

家にある柑橘はみかんだけだったので、試しにみかんの皮を甘く煮てオレンジピールの代わりにしてみたら結構良い出来。

板チョコと合わせてチョコレートケーキにしてみました。

買うと少なくてそこそこ値段のするオレンジピールですが、これならみかんを食べた後に皮を取っておけばほぼ材料費タダで作れます。

 

みかんピール

材料(みかん3個分)

みかんの皮 3個分

砂糖 100グラム

水 200ミリリットル

 

作り方

1.みかんの皮のヘタを取り除き、外皮部分を塩でこすり洗いする。

2.みかんの皮を細かめのさいの目切りにし、フライパンに砂糖と水を入れて沸騰させた所に加えて水分がなくなるまで煮詰める。冷まして冷蔵保存する。

砂糖も普通のオレンジピールよりは大分少なめ。

みかんの皮はオレンジより大分薄いので短時間で出来上がります。

単品で食べると酸味が少ないですが、ケーキなどお菓子に入れるとみかんの爽やかな香りがします。オレンジピールよりまろやかで優しい味。

砂糖が少ない分長くは保たないので1週間以内ぐらいには使い切りましょう。

大きめサイズのみかん3個で100グラムぐらいの量。

このみかんピールを入れて作ったのがこちらのチョコレートケーキです。

 

みかんピールのチョコレートケーキ

材料(中型パウンド型1台分)

板チョコ 50グラム(約1枚分)

バター 50グラム

砂糖 60グラム

卵 2個

薄力粉 80グラム

純ココア 20グラム

レーズン 20~30グラム

くるみ 20~30グラム

みかんピール 50グラム

 

作り方

1.型にオーブンシートを敷く。くるみは粗く刻み、レーズンはオイルコーティングしてある場合はぬるま湯で洗って水気を取っておく。板チョコを細かく割ってボウルに入れ、湯煎で溶かす。

2.オーブンを180度で予熱しておく。1のボウルを湯から上げて冷えたバターを加えて泡立て器で混ぜる。混ざったら砂糖を加えすり混ぜ溶き卵を数回に分けて加える。

3.2に薄力粉とココアを合わせて振るい入れ、ゴムベラに持ち替えてざっくり混ぜたらレーズンとくるみ、みかんピールを加えて生地に艶が出るくらいまで混ぜる。

4.3を型に流し入れ、表面を均して中央を凹ませる。2~3回落として空気を抜き、天板に乗せて180度のオーブンで40~45分程焼いて出来上がり。冷ましたら

好みで粉糖を振る。

チョコを溶かした所に冷たいバターを入れると泡立て器で混ぜるのに丁度良い固さに。

湯煎したまま入れるとバターが完全に溶けて仕上がりが変わってしまうので必ず湯煎から上げて加えてください。

20分程焼いたところで1度取り出して中央に切れ目を入れておくと膨らみが均一になってきれいな仕上がりに。

焼き上がったら1日冷やしておくと生地が馴染んで美味しくなります。

身が詰まってどっしりしたチョコレートケーキは口に入れるとみかんの爽やかな香り。

レーズンやくるみと相まってちょっと贅沢な味です。

お酒が好きな人ならレーズンをラムレーズンにしても良いかも。

バレンタインの手作りが決まらないという方はぜひ一度試してみてくださいね。