札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

たくさん作ってクリスマスのプチギフト!バナナティーマフィン

メリークリスマス!札幌ペンギンです。

我が家は昨日クリスマスをやりました。

と言っても母は只今入院中なので父と二人だけなんですが(笑)

入院先の病院食が美味しくないらしく、母も病室仲間の方々も食が進まないそう。

せめてクリスマス気分ぐらい味わえればと思ってケーキを焼いて持っていきました。

家で食べる分もあるのでいつもより多め。

小さめの方にすれば11~12個ぐらいは作れます。

短時間で出来るのでクリスマス会のプチギフトにも。

 

バナナティーマフィン

材料(直径7センチマフィン型8~9個分)

無塩バター 120グラム

砂糖 100グラム

卵 2個

ヨーグルト 100グラム

バナナ 中サイズ1本半(小サイズなら2本)

薄力粉 240グラム

ベーキングパウダー 大さじ1

紅茶 ティーパック2個分

 

作り方

1.卵とバター、ヨーグルトを常温に戻しておく。バターを泡立て器でクリーム状にホイップし、砂糖を加えてすり混ぜる。

2.溶いた卵を1のボウルに少しずつ加えながら、分離しないように混ぜる。混ざったらヨーグルトとフォークなどで潰したバナナを加える。

3.オーブンを180度で予熱し始める。薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2に振るい入れ、ゴムベラに持ち替え軽く混ぜたら、茶葉を加えて下から持ち上げるように粉気がなくなるまで混ぜる。

4.型に3を6分目くらいまですくい入れ、2~3度軽く落として余計な空気を抜く。天板に並べて180度で25~30分程焼いて出来上がり。

上手く作るポイントはバターにしっかり空気を含ませること。

それから卵とバターを分離させないことです。

分離させないためにも必ずバターと卵、ヨーグルトは常温に戻して使いましょう。

バターが固いようなら、今時期はストーブやヒーターの温風に最初だけ少し当てながらやると混ぜやすいです。

実は最初ガトーショコラを作ったんですが、久しぶりに作ったら大失敗。

大層固いロックケーキのようなガトーショコラが出来上がってしまいボツに。

急遽代用で作ったのがこのマフィンです。

なんでこう、勢い込んで手間をかけて作ったものは失敗して慌てて間に合わせで作ったものは上手く出来るのか・・・。

しっかり空気を含ませた生地にヨーグルト効果でしっとりふんわり。

バナナの果実感と紅茶の香りの美味しいケーキが出来上がりました。

病室の方々にも好評。

本当はクリスマスらしくホイップクリームと苺くらい乗せたかったんですが、持ち運びと日持ちの問題で断念。

写真は自宅で食べるのにデコレーションしてみたものです。

生クリームも合いました。

あっさりしてるのでごちそうあれこれ食べた後でも食べやすいかも。

大きいデコレーションケーキも特別感があって良いけれど、たまにはこんな一人分の小さなクリスマスケーキも良いかも知れませんね。