札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

漬けこみ&片栗粉で鶏肉柔らかクリームシチュー

こんにちは、札幌ペンギンです。

年賀状、もう書きましたか?私はまだです。

クリスマスに大掃除にと忙しくなってくる今時期は、まとめて作っておける煮込み料理系が重宝しますね。

最近は母の病院行ったりで帰りが遅くなることも多いのでサラダとシチューを昼からまとめて作り置き。

鶏肉を先に焼いて後入れするタイプでお肉が固くならずに柔らか。

あっさり味のクリーミーなシチューです。

 

鶏肉のクリームシチュー

材料(4~5人分)

鶏ささみ 4本

塩 少々

酒 小さじ2~3

片栗粉 小さじ1強

玉ねぎ 1と1/2個

人参 1本

しめじ 1/2株

じゃが芋 3~4個

冷凍インゲン 適量

オリーブ油 大さじ2~3

薄力粉 大さじ3

水 400ミリリットル

牛乳 400ミリリットル

コンソメ 5~6グラム

酒 大さじ1

塩 小さじ1~2

胡椒 適量

 

作り方

1.ささみの筋を取って大きめのそぎ切りにする。ポリ袋に塩と酒を入れてよく振り塩を溶かしたら、ささみを入れて軽く揉む。片栗粉を加えて袋をよく振り全体に馴染ませる。熱したフライパンに多めに油を敷き、ささみを入れて中火でまわりの色が変わる程度まで焼く。油も後で加えるのでささみと一緒に皿に取り出しておく。

2.玉ねぎと人参は1センチ弱位の厚みの半月切り、しめじは小房に分ける。じゃが芋は2~3センチの角切りにしておく。

3.中火で熱した鍋にオリーブ油を敷き、玉ねぎ、しめじを炒め、薄力粉を加える。焦げないように注意しながら粉気がなくなる程度まで炒めたら、水を加える。木べらで薄力粉をよく溶かし、人参とじゃが芋、牛乳を加えて火を強め煮立たせる。

4.3にローリエコンソメ、酒、塩を加える。ある程度煮立ってきたら火を弱火にして人参とじゃが芋が柔らかくなるまで煮込む。

5.仕上げにささみとその油、冷凍インゲンを適当な長さに手で折ったものを加える。塩胡椒で味を整え、5~10分ほど煮込んで出来上がり。

パサパサになりがちなささみですがこの方法だと煮込んでもふっくら柔らかいまま。

もっとボリュームが欲しい人はもも肉やむね肉でも同じ方法で美味しく出来ます。

お肉が固くなる、という方は一度試してみてください。

今回作り置き用に作ったのはこのシチューとトマトと豆のサラダ。

今日昼夜食べて、明日1日保つかな・・・?

他にも日持ちするもの色々作り置きしておきたいけど冷蔵庫の容量が足りない(汗)

年末はアメリカのお宅の大きな冷蔵庫が羨ましくなる札幌ペンギンです。