札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

しっとりふんわりのホットスイーツ~バナナときな粉のパンケーキ

こんにちは、札幌ペンギンです。

最近あまりパンケーキを焼いていなかったので久しぶりに作ってみました。

使いさしのきな粉を消費したかったのとバナナがあったので入れて焼いてみました。

やっぱりメレンゲ作って焼くと口当たりが良いですね。

きな粉入ってる分少々焼き色濃いめですがバナナの甘みときな粉の香ばしさが美味しいパンケーキです。

 

バナナときな粉のパンケーキ

材料(約4~5枚分)

卵 3個

砂糖 30グラム

オリーブ油 25グラム

ヨーグルト 90グラム

レモン汁 小さじ2

バナナ 1本

薄力粉 70グラム

きな粉 20グラム

ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

塩 ひとつまみ

 

油 適量

 

作り方

1.卵を卵黄と卵白に分け、卵白のボウルを湯煎しながら固く泡立てる。ある程度泡立ったら砂糖の2/3量を数回に分けて加え、固く角が立つくらいまで泡立てておく。

 

2.卵黄のボウルに残りの砂糖を加えて白っぽくなるまで泡立て、オリーブ油を少しずつ加えながらもったりとするまで更に混ぜる。しっかり混ざったらヨーグルトとレモン汁、潰したバナナを加える。

3.2のボウルには薄力粉ときな粉、ベーキングパウダー、塩を合わせて振るい入れる。ゴムベラに持ち替えて下から持ち上げるように混ぜる。

4.3に1のメレンゲをひとすくい加えてよく混ぜる。しっかり馴染んだら残りのメレンゲを加えて泡が消えないようにサックリと混ぜる。

5.熱して油を敷いたフライパンを一度濡れ布巾に置いて冷まし、生地を流し入れる。弱火で1~1分半程度フタをして焼き、縁が固まってきたら裏返す。中心が膨らんできて、軽く押して戻ってくるようになったら出来上がり。

最近チョコレートの茶色が続いてたから脱却しようと思ったら、これも焼き色濃いめで絵面が引き続き茶色一色(笑)

きな粉はあまり入れすぎるとべしゃっとなるのでこれ位の割合が適量。

半端に余ってるからってバサッと入れてしまうと残念な仕上がりに。

バナナはフォークで潰した程度の潰し具合で大丈夫です。

焦げやすいので焼きすぎないように、周りがふつふつして固まってきた位でひっくり返しましょう。生地が真ん中まで固まってからだと焦げるので要注意。

砂糖は控えめですがバナナの甘味で何も付けなくても美味しく食べられます。

ヨーグルト効果で冷めても柔らか。

よくあるスフレパンケーキほど厚みはありませんが口に入れるとふんわりしっとり。

きな粉の香ばしい風味とバナナの素朴な甘味のパンケーキ。

今の季節におすすめのホットスイーツです。