札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

臭みの少ない「サバオリーブオイル缶」でらくらく!サバとズッキーニのパスタ

こんにちは、札幌ペンギンです。

サバの缶詰、水煮味噌煮問わず好きでよく食べるんですが、最近「オリーブオイル漬け」というのを見つけました。

調べてみたらなんだか流行ってるみたいですね。

実際に食べてみたら、臭味が無くて美味しい!

カルディとかで売ってるやつはデザインも可愛いので飾っておいても楽しそう。

 

 

癖が無くてしっとりしたサバは和洋問わず何にでも使えそうです。

今回はズッキーニがあったのでパスタに。

生から作ると面倒なお魚メニューも缶詰だとらくらくです。

 

サバとズッキーニのパスタ

材料(約3人分)

サバオリーブオイル缶 1缶

にんにく 1片

しめじ 1/2株

パプリカ 1/2個

ズッキーニ 小サイズ1本

ミニトマト 6~8個

コンソメ 3グラム

白ワイン 大さじ1

ハーブソルト 適量

黒胡椒 適量

 

パスタ 300グラム程度

塩 適量

水 適量

 

作り方

1.パスタ用の湯を沸かす。にんにくを潰して薄切りし、しめじを小房に分ける。パプリカは横半分に切って、縦に5ミリ幅位、ズッキーニは薄めの半月切りにする。ミニトマトは大きさによって2~4等分。

2.湯が沸いたら塩とオリーブ油を入れ、パスタを入れて規定の時間より1分短くタイマーをセットする。

パスタを鍋に入れたらフライパンにサバ缶の中身のオリーブ油を大さじ2~3程度とにんにくを入れ、中火にかけて香りを出す。

 

3.2のフライパンにしめじ、適当な大きさにほぐしたサバ缶を加えて軽く炒める。ズッキーニ、パプリカも加えて、油が回ったら黒胡椒以外の調味料を加え、パスタの茹で汁お玉1杯分を加えて煮詰める。

4.パスタが茹で上がる直前に3にミニトマトを加える。パスタを加えたら黒胡椒を振って軽く炒めて出来上がり。

最初ブログに載せる気無く作ってたので写真少ないですがご勘弁を(汗)

バタバタ作ったにしては中々良い出来。

「何の気無しに作る」っていうのが美味しく作る一番のコツかもしれないなぁと思う今日このごろ。

サバ缶を料理に使う時に一番気になる臭味が全然無くて、シンプルな塩味ですが魚の良い味だけが残ってくれました。

トマト味で作っても美味しそう。

サバのオリーブオイル缶、今度からは水煮缶や味噌煮缶と一緒に戸棚に是非常備したい一品です。