札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

材料3つで簡単豆乳ポテトポタージュ

こんにちは、札幌ペンギンです。

よくじゃがいもを大袋で買うんですが、半端に1~2個残って、気が付いたら傷んでしまってるって事がちょいちょいあります。

家族分何か作るには微妙な量なのでついつい後回しになるんですよね。

そんな時、じゃがいもを消費するのにぴったりなのがポタージュスープ。

じゃがいもと玉ねぎのみのシンプル仕様に豆乳であっさり作りました。

素材の味そのままのポタージュスープは熱々はもちろん、冷やしてフランス料理の定番ヴィシソワーズにしても美味しくいただけます。

 

豆乳ポテトポタージュ

材料(約3~4人分)

じゃがいも 中サイズ2個

玉ねぎ 小~中サイズ1/2個

オリーブ油 大さじ1

水 適量

豆乳 200ミリリットル

塩 適量

 

チャイブまたはアサツキ、パセリなど 飾り用お好みで

 

作り方

1.じゃがいもは皮をむいて薄い半月切りにし、軽く水に晒しておく。玉ねぎをみじん切りしたものをオリーブ油を敷いた鍋に入れ、塩ひとつまみを加えたら弱火で炒める。

2.1に水を切ったじゃがいもを加えて炒め、全体に油が回ったらひたひた程度の水を加えてじゃがいもがヘラで潰せる位まで中火で煮込む。

3.2をミキサーやフードプロセッサーなどにかけてペースト状にする。なければ木べらやマッシャーなどでよく潰して裏ごししてもOK。豆乳を加えて一煮立ちさせ、塩で味を整えて出来上がり。好みでチャイブやアサツキを飾る。

冷たくする場合は、冷やすと塩気が強く出るので塩の入れすぎに注意してください。

その場合は最低限にして、冷ましてから味見して調節する方がおすすめです。

口触りなめらかでじゃがいもと玉ねぎの旨味がたっぷりのポタージュスープ。

暑い今時期には冷やして飲んで、寒くなったら熱々で、と一年中おいしくいただけるスープです。

クリーミーなのどごしは風邪や食欲の無い時でも食べやすいので、お粥に飽きた時にも重宝します。