札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

クリームチーズの濃厚焼きプリン

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌は先日までの暑さがやっと収まってきました。

もう赤とんぼが飛び始めています。

冷蔵庫を見ると賞味期限間近の卵と使いさしのクリームチーズ発見。

卵はまだ結構あって、早めに使いたかったのでプリンにしました。

卵多めでクリームチーズを加えて焼いた焼きプリン。

濃厚な卵の味にクリームチーズの後味が良く合うおやつです。

 

クリームチーズの焼きプリン

材料(浅めのプリン型約4個分)

卵 3個

クリームチーズ 70グラム

牛乳 150ミリリットル

砂糖 40グラム

 

砂糖 30グラム

水 大さじ1と小さじ1

 

作り方

1.クリームチーズを常温に戻しておく。耐熱容器に砂糖30グラムと水大さじ1を入れて500Wのレンジで2分加熱し、様子を見て10秒ずつ好みの色になるまで更に加熱する。好みの色になったら取り出して水小さじ1を加えて伸ばし、プリン型に入れる。

2.オーブンを150度で予熱しておき、やかんに湯を沸かす。牛乳と砂糖を小鍋に入れて、弱火で砂糖が溶けるまで温める。

3.クリームチーズを入れたボウルに卵を1個ずつ入れ、ダマにならないように泡立て器で混ぜ合わせる。2の牛乳を加えて混ぜ、ザルで一度こす。

4.プリン型に3を流し入れ、天板または天板の上にプリン型が入る大きさのバットなどを置く。型を並べて湯を張り、150度のオーブンで30分ほど焼いて出来上がり。粗熱を取って冷蔵庫で冷やしておく。

オーブンレンジご使用の方はオーブン予熱を始める前にカラメル作るのをお忘れなく。

鍋でも出来ますが難易度が少々高いです。

クリームチーズの濃厚さを出したかったので牛乳は少なめで作りました。

(写真の牛乳が若干茶色っぽく見えるのは砂糖が無漂白だからです。)

一度こしてもまだ生地にダマが多そうな時は型に注ぎ入れる前に茶こしに通すと大分なめらかになります。

今回はセリアで新しく買ったフッ素加工のプリン型を使用。

型からすぐ外れてくれるし熱伝導も良いので非常に楽。重ねられて場所も取りません。

買って良かった。

口当たりはなめらか。出来たても美味しいけど、冷やした方がクリームチーズの風味は良く出ますね。

卵の濃い味の後にクリームチーズの酸味とコクがあって、ちょっと贅沢な味わいの焼きプリンになりました。

硬め食感の濃厚プリンが好みの方はぜひ作ってみてください!