札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

材料全部混ぜるだけの簡単レシピ~素朴で飽きが来ない米粉ときな粉の豆蒸しパン

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌の木にも大分緑が増えてきました。

気温はまだまだ上がったり下がったり忙しいです。

温かい日には冷たいものが食べたくなるけど翌日には温かい飲み物が恋しくなったり。

5月も半ばですがまだ温かいおやつが食べたくなる日も多いですね。

台所の余り物整理で出てきたきな粉と米粉、金時豆。

全部まとめて蒸しパンにした本日のおやつ。

米粉の蒸しパンは小麦粉の蒸しパンとはまた違った食感です。

小麦粉の蒸しパンと同じ混ぜて蒸すだけの簡単レシピ。

気が向いた時にすぐ作って出来たてを食べられます。

 

 

米粉ときな粉の豆蒸しパン

材料(8号おかずカップ約6個分)

米粉 100グラム

きな粉 20グラム

片栗粉 30グラム

ベーキングパウダー 小さじ1

はちみつ 大さじ4

卵 1個

豆乳 100ミリリットル

サラダ油またはオリーブ油 小さじ1

金時豆など、好みの煮豆 適量

 

作り方

1.米粉、きな粉、片栗粉とベーキングパウダーを合わせてボウルに入れ、泡立て器でかき混ぜる。

2.1のボウルに残りの材料をすべて加えて泡立て器で混ぜ合わせる。

3.深型のフライパンか鍋に2~3センチの深さの湯を沸かしておく。2の生地をおかずカップに入れ、上に煮豆を飾る。

4.湯を沸かしたフライパンに簡易蒸し器、無ければ小鉢や皿などを逆さにして中央に置き、その上に3を乗せた平皿を乗せる。間に水滴防止のキッチンペーパーを挟み、フタをして中火で15分程蒸して出来上がり。

蒸しパンを蒸す時はプリンと違って火加減いらず。

強めの中火でガーッと蒸して出来上がりです。

みっちりと弾力のある生地は米粉ならでは。

しっかり身が詰まった蒸しパンは食べごたえ抜群です。

米粉単品で作るとバサバサしがちですが、片栗粉を少量加えることでバサバサが抑えられます。

はちみつが入った分、よりしっとりした生地に。

きな粉は余ってた分の全量20グラムを投入しました。

この量だとほんのり風味がするくらいなので、しっかりきな粉の味を出したい場合は米粉の量を減らしてきな粉に差し替えてください。

生地が固めだったせいか飾りの豆が浮いて乗っかった様な状態に(笑)

乗せる時に少し指で押し込んだ方が良いみたいです。

 

飽きの来ない味の蒸しパン生地にはどんな豆でも好相性。

金時豆以外にも黒豆、白花豆やうぐいす豆など、冷蔵庫にあるお好みの煮豆で作ってみてくださいね。