札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

生ラーメンで作る、おこげが美味しい我が家のオイスター焼きそば

こんにちは、札幌ペンギンです。

羽生くん、宇野くん金銀メダル良かったですね!

他の競技も日本人選手大活躍で何よりです。

 

話は変わりますが、家で焼きそばを作る時、麺は何を使いますか?

市販の焼きそば麺を使う方が多いと思うんですが、我が家では生ラーメンを使います。

この生ラーメン、近所のスーパーだと安い時なら3玉入り60円前後で買えるのでお財布に優しくて大助かり。

これがあればラーメンはもちろん、あんかけ焼きそばに塩焼きそば、台湾まぜそばでも作れてしまう優れものとして、我が家の冷蔵庫に無くてはならない存在です。

今回はその中でもよく作るオイスター風味の焼きそばのレシピをご紹介します。

 

オイスター焼きそば

材料 (3~4人分)

生ラーメン 3玉

ニンニク 1片

生姜 約1/3個

イカむき身 中サイズ2枚

玉ねぎ 中サイズ1個

人参 大サイズ1/2本

しめじ 1/2株

ニラ 1束

もやし 1袋

 

ガラスープ(顆粒) 大さじ2

オイスターソース 大さじ1

酒 大さじ1

胡椒 適量

ごま油 適量

 

作り方

1.麺を茹でるための湯を沸かしておく。ニンニクはみじん切り、生姜は千切りにし、玉ねぎは縦半分にして薄切り。人参は太めの千切りにし、しめじの石づきを取ってばらしてニラは人参やもやしの長さに合わせて切っておく。もやしは洗って長い髭を取っておく。

2.イカはむき身を縦に2等分し、幅1.5~2センチぐらいの短冊切りにする。ごま油、1の生姜少量を加えて熱したフライパンにイカを加え、酒小さじ1程を加えて軽く色が変わるまで焼き、皿に出しておく。

 

3.沸かした湯に生ラーメンを入れ、表示より短めに茹でる(3分茹での場合で2分半位)。よく水洗いしてしっかりと水気を切ったらごま油大さじ1程度を回しかけ、麺によく絡める。強火で熱したフライパンにやや多めの油を敷き、麺を広げてパリッとするまで強火で焼いてひっくり返し、両面を焼く。

4.中火で熱したフライパンにごま油を敷き、生姜とニンニクを加えて香りを出す。玉ねぎ、人参としめじを加えて炒め、油がまわってきたらガラスープと酒を加え炒める。

5.ニラともやしを加えて軽く炒めたらオイスターソースを加えて混ぜ、イカと3を入れて箸でほぐしながら混ぜ合わせる。仕上げに好みで胡椒をかけたら出来上がり。

もやしは洗ってそのままでも良いんですが、髭が多いと口当たりが悪いので時間がある時には取って入れます。

イカは先に生姜と酒で臭みを取って軽く火を通しておいて、仕上げに混ぜるだけ。

油でコーティングしてパリパリに焼いた麺のおこげが香ばしいです。

具材は今回の組み合わせ以外でも、キャベツや白菜、さつま揚げやハム、豚肉などその時冷蔵庫にある食材で作ります。

決まりは無いですが、水分があまり出ない食材の方が美味しく出来る様です。水分が多く出てしまった場合は麺を入れる前に強火で水分をある程度飛ばしてから入れます。

少しぐらいの水分なら麺が吸ってくれるので大丈夫。

鰹節を加えるのも味が出ておすすめです。

生ラーメンで作る焼きそばは、市販の焼きそば麺より太めの麺にオイスターの風味と香ばしいおこげがついて、食べごたえバッチリ。

試したことの無い方は是非試してみてください!