札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

しっとり素朴な甘さのさつま芋と豆腐のパウンドケーキ

こんにちは、札幌ペンギンです。

すっかり寒くなって焼き芋の美味しい季節になってきました。

我が家の周りでも焼き芋屋さんの声がよく聞こえます。

スーパーにも美味しそうなさつま芋が並んでいたので購入。

1本使ってパウンドケーキにしました。

角切りにして生地に混ぜたりトッピングしたりする事が多いですが今回はペースト状にして混ぜ込む形に。

冷蔵庫に余っていたお豆腐も入れてしっとり素朴な甘さです。

 

さつま芋と豆腐のパウンドケーキ

材料(パウンド型1個分)

さつま芋 150グラム

絹ごし豆腐 150グラム

バター 50グラム

オリーブ油またはサラダ油 50ミリリットル

砂糖 100グラム

卵 3個

薄力粉 150グラム

ごま塩 適量

 

作り方

1.パウンド型にオーブンシートを敷きオーブンを180度で予熱しておく。輪切りにして蒸したさつま芋の皮を剥いて絹ごし豆腐と一緒にフードプロセッサーにかけてペースト状にする。

2.室温に戻したバターとオリーブ油をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜ。砂糖を加えて混ぜたら溶き卵を数回に分けて加えながら白っぽくなるまでかき混ぜる。

3.2のボウルに1を加えて混ぜ合わせた所に薄力粉を振るい入れ、ゴムべらで下から持ち上げるように混ぜる。

4.生地が重たく感じてくる位まで混ぜたら生地をパウンド型に流し入れてごま塩を振り数回落として空気を抜き、天板に乗せて180度のオーブンで45分程焼いて出来上がり。

さつま芋の甘味があるので砂糖は控え目。

バターが足りなかったのでオリーブ油で代用しました。

お豆腐効果でしっとり。今回さつま芋もペースト状にしているのでよりさつま芋の甘味がしっかり感じられます。

生地の量は中型~大型のパウンド型で約1個分。今回は小さめの型で余った生地はマフィン型で焼きました。

マフィン型で焼く場合は焼き時間35分位。

パウンド型は焼き始めて10分程経ったら1度オーブンを開けて中心にナイフで切れ目を入れておくとキレイに割れます。

ごま塩のトッピングの塩気が丁度よい感じに効きました。

やっぱりさつま芋のゴロゴロ感も欲しいという方は皮付きの蒸したさつま芋を適当な大きさに切って飾り付けても。

秋のおやつタイムにおすすめです。