札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。毎週火曜更新です。

ほっくりチョコマロンスコーン

 

こんにちは、札幌ペンギンです。

北海道土産でおなじみの「六花亭」に「チョコマロン」というお菓子がありまして。

マルセイバターサンドなんかに比べるとマイナーなんですが、非常に美味しい!

洋酒風味のマロンペーストを挟んだココア生地をチョコでコーティングしてあるシンプルな見た目で、しっかりした栗の風味と甘すぎないチョコが良く合います。

見かけたらぜひ一度試して欲しい味。

テレビで六花亭のCM見てたら無性に食べたくなって、似たような組み合わせでスコーン作ってみました。

ほっくりしたむき甘栗とチョコをゴロッと入れたココアスコーンです。

 

チョコマロンスコーン

材料(約8個分)

強力粉 110グラム

純ココア 20グラム

ベーキングパウダー 小さじ1強

砂糖 30グラム

無塩バター 40グラム

卵 1個

むき甘栗 70グラム

板チョコ 30~50グラム

 

作り方

1.強力粉、純ココア、ベーキングパウダーと砂糖をフードプロセッサーに入れて撹拌する。角切りにした冷たいバターを加え、バターが見えなくなるまで更に撹拌する。

2.溶き卵を加え、卵が見えなくなる程度まで撹拌したらフードプロセッサーの刃を取り外し、大きめに割った甘栗とチョコを加えてざっくりと混ぜ込む。ラップに取り出し2センチ程度の厚みの板状にして包み、冷蔵庫で15分以上休ませる。

3.オーブンを180度で予熱する。冷蔵庫から取り出した3を打ち粉(分量外)して包丁で切り分け、オーブンシートを敷いた天板に並べる。180度で20分程度焼いて出来上がり。

スコーンはフードプロセッサー使うと本当に簡単に出来るので最近よく作るおやつ。

強力粉でざっくり作るのが気に入ってます。

今回は食べごたえを出したかったので甘栗もチョコも大きめ。

チョコは一箇所に固まってると溶け出して形が崩れることがあるので固まりすぎないように注意。

溶け出して焼けたチョコもそれはそれで美味しいんですけどね。

ココア生地にゴロッと入れた甘栗とチョコが良い食感。

六花亭のとは違うけど、やっぱりチョコと栗の組み合わせ美味しくて好きですね。