札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

暑くなってきたらひんやりデザート!コーヒー&ミルクの2色寒天

こんにちは、札幌ペンギンです。

だんだん暑くなってきましたね。

札幌も日月曜は30度を超えるとの予報でどうなるんだろうと戦々恐々としています。

夏の陽気の中で焼菓子というのも暑い気がしたので今日はひんやりデザート。

シンプルな牛乳寒天に練乳とコーヒーを足して2色にしました。

さっぱりとした後味です。

 

コーヒー&ミルクの2色寒天

材料(約3~4人分)

粉寒天 4グラム

水 400ミリリットル

砂糖 50グラム

牛乳 400ミリリットル

練乳 大さじ2

インスタントコーヒー 大さじ1

 

作り方

1.小鍋に粉寒天と水を入れ、弱火で沸騰させる。沸騰後2分程煮立たせ、火を止めたら砂糖を加えて溶かし込む。

2.1に人肌ぐらいに温めた牛乳と練乳を加えてよく混ぜる。半量ずつに分けたら片方にインスタントコーヒーを加える。

3.粗熱が取れたらそれぞれ型に流し入れ、ラップをして冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。固まったら包丁で切れ目を入れて取り出し、器に盛って出来上がり。

プルプルしたゼリーも美味しいんですが、たまに寒天のしっかりした食感が恋しくなることがあります。

食べたっていう感じがするのはやっぱり寒天ですね。

ほんの少し入れた練乳のおかげでコクが出てまろやかな味わい。

コーヒーのほろ苦さともよく合います。

手頃なタッパーが空いてなかったので丸型で代用。

あれば角型のバットなどで作った方が形が揃います。

固めなので型抜きしてみるのもお子様向けには楽しいかも。

これから暑くなってくる季節、ひんやりデザートのレパートリーももう少し増やしたいですね。

外カリカリの3ステップ簡単軽食~じゃが芋の和風ガレット

こんにちは、札幌ペンギンです。

昨日までの天気の良さから打って変わって今日は肌寒い一日でしたね。

明日からまた暑くなってくる模様。忙しいですね。

昨日ちょっと食べ過ぎた感じだったので今日はセーブ。

メークインが残ってるのを見つけたのでガレットに。

ネギと干しエビであっさり和風ピザ風味です。

ちょっとお腹に貯まる軽食が欲しい時に。

 

じゃが芋の和風ガレット

材料(1枚分)

じゃが芋 大サイズ2個

塩 少々

オリーブ油 適量

ピザ用チーズ 適量

干しエビ 適量

ネギ 適量

 

作り方

1.じゃが芋の皮をむいて千切りにし、水に晒さずに塩をまぶす。熱したフライパンにオリーブ油を敷き、じゃが芋を均一に広げて蓋をして焼く。

2.じゃが芋が透明になって周りが焦げてきたらひっくり返して反対面を焼く。

3.2の上にチーズと刻みネギ、干しエビをかけて蓋をし、チーズが溶けてきたら出来上がり。

じゃが芋の千切りは出来るだけ細い方がカリカリと食感が良くなります。

広げ過ぎると穴が出来てバラけるので注意。

端の焦げたじゃが芋がカリカリして良い食感。

内側はホクホクで乗せたチーズと相性ぴったりです。

シンプルだけどネギの甘みと干しえびの香りでじゃが芋2個分ぺろりと食べられます。

薄味なので物足りない方は醤油など付けても。

週末から来週にかけては札幌も真夏日の予報。

ホクホクのじゃが芋の季節ももう終わるなあと思いながらいただきました。

「札幌ペンギンの家事室より」再開します!~ビターチョコバナナマフィン

こんにちは、お久しぶりの札幌ペンギンです。

腸炎でまるまる潰れたGWでしたが、検査の結果、すっかり完治したとの事。

ご心配おかけしました。

大腸カメラの前準備では3日食事制限(食べられるの基本的に素うどん、白米、豆腐のみ)の上、当日朝5時起きで6時~8時まで洗浄剤2リットル吐きそうになりながら飲み続けるという苦行はあったけど、これでまた大手を振ってブログを再開出来ます。

 

しばらく材料買っていなかったのであり物で。

バターは無いので板チョコとオリーブ油の油分であっさり目のチョコマフィンです。

ココアも入れてほろ苦ビター風味。

 

ビターチョコバナナマフィン

材料(マフィン型約5~6個分)

板チョコ(ビター) 50グラム

オリーブ油 大さじ1

砂糖 50グラム

卵 1個

バナナ 1本

薄力粉 110グラム

純ココア 10グラム

ベーキングパウダー 大さじ1/2

牛乳 50ミリリットル

 

作り方

1.オーブンを180度で予熱する。バナナは飾り用に5ミリ程度の厚みの輪切りを10~12枚作っておき、残りは潰す。ボウルに板チョコを細かく割って入れ、オリーブ油を加えて湯煎にかける。

2.チョコが溶けたら湯煎から外し、砂糖を加えて泡立て器でよくかき混ぜる。

3.溶いた卵を3回程に分けて2に加えて混ぜる。潰したバナナを加え、薄力粉、純ココアとベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラに持ち替えてざっくりと混ぜる。

4.3に牛乳を少しずつ加えて混ぜ、完全に混ざったら型に流し入れる。輪切りのバナナを2枚ずつ差し込み、180度のオーブンで25分程度焼いて出来上がり。

まだ新オーブンの火加減が掴みきれてないのか、少々焦げた所が出来てしまいました。

前のオーブンだと180度25分でピッタリだったんですが、20分位でも良いかも。

「うちのオーブンは火力強めかも」と思ったら20分位から様子見てみてください。

バナナとチョコがいい香り。

油分少ないので少しパサッとした仕上がりですが牛乳にはよく合います。

トロリとしたバナナの果肉の甘さとほろ苦生地がちょうど良い味になりました。

次はもう少し上手く焼けるかな?



LIMIAレシピ記事更新のお知らせ

お久しぶりです、札幌ペンギンです。

連休はいかがでしたか?

おかげさまで大腸炎も大分回復して、先日一週間ぶりに普通のご飯が食べられました。

白米って素晴らしい!

 

LIMIAのレシピ記事が更新されましたのでお知らせです。

ただいま公開中

「冷凍で時短ご飯~冷凍きのこのバターミルクうどん」

https://limia.jp/idea/287800/

冷凍きのことうどんを使ったクリーミーなお手軽うどん。

お鍋一つで作れる時短メニューです。

連休疲れで料理する気が起きない時に。

 

札幌ペンギンのLIMIAレシピ一覧はこちらから。

https://limia.jp/user/sapporo-penguin/

まだこれから大腸カメラなどの検査受けたりなんだりあるのでブログ本格再開出来るのはもう少し後。

治ったら連休に作れなかった分もめいいっぱい作ったり食べたりする予定なのでもう少々お待ち下さい。

令和もよろしくお願いします!

大腸炎になりまして~「札幌ペンギンの家事室より」更新見合わせのお知らせ

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌もようやく桜がそこかしこで見られるようになって春らしくなってきましたが、残念な事が一つ。

 

この度「虚血性大腸炎」というのを発症しました。

一昨日の晩にお腹下して「ちょっと調子悪いな」と思ったんですが、いつもならお腹温めて休んでれば回復するのが一向に良くならず、そのうち下血してきて腹痛に悪寒と吐き気までしてきまして。

一晩のたうち回って翌朝病院行ったら言われたのが「虚血性大腸炎」。

大腸の血流が一時的に悪くなって内壁がボロボロ剥がれてきたのが血として出るらしいんですが、薬貰って帰るくらいかな?とか思ってたら先生から「入院しますか?」と聞かれてびっくり。思ったより大事だった(汗)

でも連休前だったからまだ病院開いていたのがラッキーと言えばラッキー?

絶食して安静にしてれば帰っても良いとのことだったのでCTと採血して点滴打って帰ってきました。

持病との関連で症状落ち着いてから大腸カメラも入れることになって少々憂鬱。

しばらくはゼリーとおかゆが主食です。

 

料理とお菓子作りはその間お休みすることになりました。

LIMIAの記事更新のお知らせなどは載せる予定ですが、それ以外の更新は少しの間見合わせたいと思います。

多分GW開けか少し後ぐらいになる予定。

治ったらまた再開するので少々お待ち下さいね。

それでは皆様、良いGWを!

 

行楽にもおすすめのツナオムレツサンド&ハムチーズサンド

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌も段々良い陽気が続くようになってきました。

桜も今週末には見られそうです。

その頃にはもうゴールデンウィークに入ってしまいますね。

お弁当を持って出かける方もいるんじゃないでしょうか?

札幌ペンギンに残念ながらまだその予定はありませんが、少しくらいは出掛けたいなと思います。

今日は普段からお昼ご飯によく作るサンドイッチの中でも、ボリュームがあって行楽のお弁当にもおすすめのものをご紹介。

具がたっぷりのオムレツサンドとシンプルなハムチーズサンドです。

 

ツナオムレツサンド&ハムチーズサンド

材料(8枚切り食パン1袋分)

 

ツナオムレツサンド

卵 3個

ツナ缶 1缶

玉ねぎ 1/4個

冷凍インゲン 長めのもの6~7本

しめじ 1/3株

塩コショウ 少々

マヨネーズ 小さじ1

 

ハムチーズサンド

キュウリ 1本

ハム 4枚

スライスチーズ 2枚

 

マヨネーズ 大さじ2~3

マスタード 小さじ1~2

 

作り方

1.ツナオムレツを作る。ツナ缶の油をよく切っておく。玉ねぎは粗いみじん切りにし、いんげんとしめじも軽く茹でた後に同じくらいに刻んで水気を絞っておく。

2.中火で熱したフライパンに、油は敷かずに1の材料を入れて軽く塩コショウをして水気が無くなる程度まで炒める。器に出して粗熱を取っておく。

3..ボウルにマヨネーズと卵を割り入れよく溶き混ぜ、冷ました2を加えて混ぜる。小さめのフライパンに油を敷いて中火で熱し、ボウルの中身をすべて入れる。

4.ヘラで固まった所からよく混ぜ、オムレツ状にひだが出来てきたら触らずに1分程度置いておき、底が固まったら皿にスライドさせて取り出し、ひっくり返してフライパンに戻し反対側も焼く。卵が中までしっかり固まるまで焼いたら皿に出して軽く冷ましておく。

5.キュウリを千切りにしてキッチンペーパーを敷いた皿に広げ、軽く塩を振っておく。その間にパンの片面ににマヨネーズと粒マスタードを混ぜたものを塗っておく。

 

6.キュウリがしんなりしたらキッチンペーパーごと持って軽く絞り、水気を取る。5のパンのマヨネーズを塗った側にチーズ、ハム2枚、キュウリの順に間にマヨネーズ少々を乗せながら重ねたらパンで挟む。

7.6を2組作った上にまたパンを重ね、4等分した4のオムレツを2枚、丸い部分が中央に来るように乗せてパンで挟む。それを2組作ったら重ねたパンがズレないように端を揃えて上から軽く押し、上下をひっくり返す。もう一度軽く押して端を揃えたらよく研いだ包丁で4等分し、断面を上にして並べたら出来上がり。

サンドイッチに入れる野菜はとにかく水分が出ないようにするのが大事。

キュウリも軽く塩を振って絞るだけでかなりの水分が出ます。

この一手間を掛けるだけでパンが湿気らず長く美味しく食べられるのでお弁当にする際は是非やってください。

オムレツもべシャッとさせたくないので水分少なめでしっかり火を通します。

マヨネーズを入れておくと火が通っててもふんわりした食感が残ります。

汁が出ないくらいまでしっかり焼きましょう。

マスタードは辛いの苦手な方やお子様の場合は無くても大丈夫。

オムレツサンドの分はケチャップを混ぜても美味しいですよ。

これから行楽シーズン本番。

レジャーのお弁当に迷ったら簡単に出来てボリューム満点のオムレツサンド、作ってみてくださいね。



苺とホワイトチョコのソーダブレッド

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌は昨日までの2日間、春を通り越して夏の陽気。

それが今日になったらまさかの前日比マイナス13度(泣)乱高下にも程がある。

そんな理由で今日も春感ゼロの重ね着ルックで過ごしております。

せめておやつに春感を、ということで冷凍イチゴとホワイトチョコを。

ソーダブレッドに練り込んでみました。

 

苺とホワイトチョコのソーダブレッド

材料(大きめサイズ約2個分)

薄力粉 200グラム

砂糖 大さじ3

ベーキングパウダー 小さじ1強

ヨーグルト 100グラム

ホワイトチョコ 40グラム

冷凍苺 50~60グラム

 

作り方

1.オーブンを180度に予熱する。ホワイトチョコは手で小さく割り、冷凍イチゴは半解凍位になったらフォークで大きめに割る。

2.ボウルに薄力粉、砂糖とベーキングパウダーを入れ、泡立て器でよくかき混ぜる。

3.2にヨーグルトを加え、ゴムベラでざっくりと混ぜたらチョコと苺を加える。全体に混ざったら2つに分けて丸め、オーブンシートを敷いた天板に並べる。ナイフで十字に切り込みを入れ 、薄力粉(分量外)を振りかけて180度のオーブンで25分程度焼いて出来上がり。

外にはみ出た苺が一部ジャム状に溶けてオーブンからいい香り。

苺が下に偏ってしまった感がありますが、ベシャッともならずによく焼けました。

甘さ控えめの生地ですがチョコと苺の甘みでちょうど良い味。

苺は今時期なら生でも良いですね。

苺の水分が出るのでサイズは大きめ。

ホワイトチョコがなければ普通のミルクやビターでも美味しいですよ。

春本番まで1歩進んで2歩下がる状態の札幌。

苺味のおやつと一緒に気長に待とうと思います。



粒あんで作る小豆マフィン~新オーブンレンジ初使用!

こんにちは、札幌ペンギンです。

先週壊れてしまった我が家のオーブン。

電気屋さんに買いに行って無事お手頃なものを買うことが出来ました。

アイリスオーヤマのスチームオーブン。

スチームオーブンが今はもうセールで3万弱で買えるなんてびっくり!

思いがけず憧れのスチームオーブンが手に入ってしまいました。

とりあえず今回はオーブンの火力見るのにマフィンで試し焼き。

豆大福作った余りの粒あんを入れて和風の小豆マフィンです。

 

小豆マフィン

材料(マフィン型約6個分)

無塩バター 60グラム

砂糖 40グラム

卵 1個

粒あん 120グラム

薄力粉 120グラム

ベーキングパウダー 大さじ1/2

牛乳 50ミリリットル

 

作り方

1.バター、卵と牛乳を常温に戻しておく。ボウルにバターを入れ泡立て器ですり混ぜ、柔らかくなったら砂糖を数回に分けて加え、白っぽくなるまで混ぜる。

2.オーブンを180度に予熱しておく。1のボウルに溶いた卵を分離しないように数回に分けて加えて混ぜ、粒あんを加える。

3.2に薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れる。ゴムベラに持ち替えて混ぜ、牛乳を少しづつ加える。

4.生地を型に入れ、天板に並べ180度のオーブンで25分程度焼いて出来上がり。

いつもと同じ上段180度25分で。

前のオーブンよりややこんがり、一部焦げ気味になりました。

前のよりやや火力強めの様子。

下段で焼くか焼き時間短くするかしたほうが良いかもしれませんね。

でもレンジの温めムラも無く、音も静かで快適。

庫内灯も白色なので焼き色が見やすいです。

マフィンは外はサクサク中はほろほろとした食感で小豆の味がしっかりします。

緑茶で食べれば和菓子を食べてる気分になるかも。

まだスチーム機能は未使用。

使うのが楽しみです。

オーブンレンジが寿命を迎えました~本日のレシピ公開お休みのお知らせ

こんにちは、札幌ペンギンです。

いつもお世話になっている買って20年弱のオーブンレンジ。

お菓子作りにご飯支度にと役立ってくれていたのが、今朝方いつもの様にお冷ご飯を温めようとしたら動きはするものの全く温まらず。

前日の夜まで普通に動いてたのに!?と慌てて他の物温めてみたり別の使い方で試してみたりしたんですが、うんともすんとも言わず(汗)。

長いお付き合いだったオーブンレンジは唐突に寿命を迎えました。

まあ十分良く保った方なのでしょうが、本当に何の前触れもなくきたのでビックリ。

 

とにかくレンジが無いのは我が家にとっては死活問題なので、今日は急いで新しいオーブンレンジ探しに行ってきます。

出費がかさんでいるところにまさかの打撃が痛い(泣)。

なのですいませんが本日のレシピ記事はお休みです。

次回には新しいオーブンレンジで作ったレシピを載せられればと思ってますので気長にお待ち下さい。

やっと暖かくなってきた札幌。

ようやく春コートで出かけられそうです。行ってきます!

お肉なしでもボリューミー!もやしと厚揚げの中華あんかけとLIMIAレシピ更新のお知らせ

こんにちは、札幌ペンギンです。

日曜日に買ってきたもやしをそろそろ食べなきゃいけなかったので、厚揚げやチンゲン菜と合わせて中華あんかけに。

カニカマで彩り良く。

 

もやしと厚揚げの中華あんかけ

材料(3~4人分)

厚揚げ 1枚

もやし 2袋

チンゲン菜 1~2株

カニカマ 50~60グラム

にんにく 1片

片栗粉 適量

顆粒ガラスープ 大さじ1

酒 大さじ1

オイスターソース 大さじ1

しょう油 小さじ2

水 200~250ミリリットル

ごま油 適量

胡椒 少々

 

作り方

1.もやしは根を取り除き、チンゲン菜は葉をざく切り、茎を縦に1センチ幅くらいに切っておく。厚揚げは縦半分、横1センチ厚に切ってキッチンペーパーを敷いた皿に乗せ500Wのレンジで2分程度加熱し水気を切っておく。

2.厚揚げに刷毛で醤油を薄く塗り、片栗粉を入れたビニール袋に入れてよく振りまぶす。ごま油を多めに敷いたフライパンに入れて強火で両面に焼き目を付け皿に出す。

3.2のフライパンにごま油を足し、刻んだにんにくを加えて弱火で香りを出す。もやし、チンゲン菜を入れて炒め、顆粒ガラスープと水、酒、オイスターソースを入れてひと煮立ちさせる。しょう油と胡椒で味を整えカニカマと2の厚揚げを加え、水溶き片栗粉でとろみを付けて出来上がり。

最近、厚揚げにしょう油で下味を付けてから焼くという方法を聞いて試してみました。

確かに風味良く、焼き目もきれいに付きます。

よく厚揚げの味が薄いと言われていたのも改善。

今回は刷毛で全体に塗りましたが、面倒ならお醤油差しで1滴ずつ垂らしても。

水溶き片栗粉は硬さ見ながら調節してください。

時間が経つとあんが緩く水っぽくなるのでやや固めに。

香ばしく焼けた厚揚げにもやしとチンゲン菜たっぷりのあんが絡んで、お肉が入っていなくてもボリューム十分のご飯のおかず。

野菜炒めだと食べごたえが足りない時におすすめです。

 

最後に今月のLIMIA記事更新のお知らせ。

4/10(水)18:00公開予定

「簡単生地と少しの油でOK!おうちで揚げるチョコバナナドーナッツ」

少しの油で手軽に出来るドーナッツをチョコバナナ味で。

https://limia.jp/idea/283119/

札幌ペンギンのLIMIA公開レシピ一覧はこちらから。

https://limia.jp/user/sapporo-penguin/ 

安くて美味しくてお腹にたまる厚揚げと、安くて栄養たっぷりのもやし。

バナナもお財布にも身体にも優しい組み合わせ。

どちらもお金にも胃にも負担がかかる春には便利なメニューです。

是非お試しあれ。

 

ほっくりチョコマロンスコーン

 

こんにちは、札幌ペンギンです。

北海道土産でおなじみの「六花亭」に「チョコマロン」というお菓子がありまして。

マルセイバターサンドなんかに比べるとマイナーなんですが、非常に美味しい!

洋酒風味のマロンペーストを挟んだココア生地をチョコでコーティングしてあるシンプルな見た目で、しっかりした栗の風味と甘すぎないチョコが良く合います。

見かけたらぜひ一度試して欲しい味。

テレビで六花亭のCM見てたら無性に食べたくなって、似たような組み合わせでスコーン作ってみました。

ほっくりしたむき甘栗とチョコをゴロッと入れたココアスコーンです。

 

チョコマロンスコーン

材料(約8個分)

強力粉 110グラム

純ココア 20グラム

ベーキングパウダー 小さじ1強

砂糖 30グラム

無塩バター 40グラム

卵 1個

むき甘栗 70グラム

板チョコ 30~50グラム

 

作り方

1.強力粉、純ココア、ベーキングパウダーと砂糖をフードプロセッサーに入れて撹拌する。角切りにした冷たいバターを加え、バターが見えなくなるまで更に撹拌する。

2.溶き卵を加え、卵が見えなくなる程度まで撹拌したらフードプロセッサーの刃を取り外し、大きめに割った甘栗とチョコを加えてざっくりと混ぜ込む。ラップに取り出し2センチ程度の厚みの板状にして包み、冷蔵庫で15分以上休ませる。

3.オーブンを180度で予熱する。冷蔵庫から取り出した3を打ち粉(分量外)して包丁で切り分け、オーブンシートを敷いた天板に並べる。180度で20分程度焼いて出来上がり。

スコーンはフードプロセッサー使うと本当に簡単に出来るので最近よく作るおやつ。

強力粉でざっくり作るのが気に入ってます。

今回は食べごたえを出したかったので甘栗もチョコも大きめ。

チョコは一箇所に固まってると溶け出して形が崩れることがあるので固まりすぎないように注意。

溶け出して焼けたチョコもそれはそれで美味しいんですけどね。

ココア生地にゴロッと入れた甘栗とチョコが良い食感。

六花亭のとは違うけど、やっぱりチョコと栗の組み合わせ美味しくて好きですね。

おうちコーヒーとカフェインレスコーヒーの話

こんにちは、札幌ペンギンです。

元号、発表されましたね。

「令和」、昭和生まれにとってはなんとなく語呂が良くて呼びやすいです。

今日は朝から急な親類の訪問でバタバタ。

お菓子作る時間も無く気付けばこんな時間(ただ今22時過ぎました)。

でも美味しいパン頂いたのと、作った昼のオムライスと夜のお好み焼きが評判良かったのでまあ満足。

甘いものは無理でもせめてコーヒーぐらいは、と思っていつもはインスタントで済ますのをペーパードリップで落としました。

ついでにちょっとひと手間加えて、レンチンした牛乳を百均の電動クリーマーでモッコモコのフォームミルクに。

前に買ったモナンのヘーゼルナッツシロップ少し加えたら気分はスタバ!

ふわふわミルクにほんのり香るナッツの香りがなんとも言えず、美味しくて直ちょくリピートしています。

最近わかったんですが、シロップをコーヒーに直接入れるより、ミルクにひとさじ入れて泡立てた方が味がまろやかで香りも口いっぱいに広がります。

一度お試しあれ。

 

 

MONIN(モナン) ヘーゼルナッツシロップ 250ml

MONIN(モナン) ヘーゼルナッツシロップ 250ml

 

 

レシピは無理でしたが、話しついでに我が家のコーヒー事情を少し。

身内にカフェインアレルギーが多いので基本我が家ではカフェインレスコーヒー。

最近は置いてくれるお店も多くなって助かってます。

ついでにカフェイン除去率書くの飲食店で義務化して貰えるともっと嬉しいんですが(97%だとアレルギー出てしまうので)贅沢でしょうか?

ちなみにスタバは99.7%と表示書いてありました。流石です。

 

 

ただお高いので普段用のコーヒーはイトーヨーカ堂のを愛用。

インスタントコーヒーはカルディが種類豊富。お安いものもあるのでコーヒー味のお菓子を作る時に使ってます。

 

 

珍しいアレルギー持ちの人間にも優しくなってきた今日このごろ。

アレルギーです、と言うとわがままみたいに見られていた平成初期から考えると嘘のような進歩ぶり。

令和になってもそういう少数派への優しさ、無くならないで欲しいです。

私も忘れないように気を付けよう。

 

カリッとふわふわ!アメリカンテイストなキャラメルバナナマフィン

こんにちは、札幌ペンギンです。

バナナが大分熟れてきたので消費しようと思って今日はバナナのお菓子。

たまにガッツリ甘い物を、というリクエストがあったので、キャラメルソースを作ってアメリカンテイストなキャラメルバナナマフィンを作りました。

(なんとなくキャラメルとかでガッツリ甘いお菓子ってアメリカっぽい気がしているの私だけでしょうか?)

生クリームは使わずに牛乳で作ったお手軽タイプのキャラメルソースを入れた生地にバナナをゴロッと入れたカリッとふわふわのマフィンです。

 

キャラメルバナナマフィン

材料(マフィン型約5~6個分)

無塩バター 60グラム

砂糖 60グラム

卵 1個

薄力粉 100グラム

ベーキングパウダー 大さじ1/2

牛乳 50ミリリットル

バナナ 1本

 

砂糖 大さじ3

水 大さじ1

牛乳 大さじ3~4

 

作り方

1.無塩バターと卵を常温に戻しておく。フライパンに砂糖大さじ3と水大さじ1を入れて弱火で揺らしながら焦がす。色が黒くなってきたら温めた牛乳を少しずつ加え、ゴムベラで混ぜながら煮詰めてとろりとしたら火を止める。

2.オーブンを180度に予熱する。ボウルにバターを入れて泡立て器でクリーム状になるまですり混ぜる。砂糖を2~3回に分けて加え、溶き卵を同じように混ぜながら数回に分けて加える。

3.2のボウルに薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、混ぜ合わせたところに牛乳を少しずつ加えて混ぜ、1のキャラメルソースを加える。

4.型に3を7分目くらいまで入れ、型の深さよりやや短めに切ったバナナを中心に差し込む。型を天板に並べ、180度のオーブンで25分程度焼いて出来上がり。

牛乳で薄まるのでカラメルはちょっと焦げすぎたかな?くらいでちょうど良いほろ苦具合になります。

加える牛乳は熱々にしておかないと結晶化するので注意。

ちょっと温めが足りなかったのか少しダマみたいにになってしまいました。

焼き上がったら気になりません。

砂糖多めで焼き上がりは表面カリカリ。

中はかなりふんわりした仕上がりに。壊れやすいので人に上げる場合は紙製のマフィン型に入れて焼くのがおすすめです。

生地が膨らんでバナナ隠れちゃいましたが、真ん中から切るとトロリと火が通ったバナナが顔を出します。

キャラメル風味の生地とバナナの甘さがアメリカンなおいしさ。

苦いコーヒーと食べたいおやつです。

食べごたえ抜群!豆とじゃが芋のミネストローネ

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌はまだまだ春と冬を行ったり来たり。

温かいものが美味しい季節が続きます。

半端に余ったじゃが芋があったのでサラダ豆とトマト缶を合わせて食べごたえのあるミネストローネに。

冷凍えのきで旨味を出しました。

 

豆とじゃが芋のミネストローネ

材料(約5~6人分)

にんにく 1片

玉ねぎ 1個

キャベツ 1/4玉

しめじ 1/2株

えのき(あれば冷凍のもの) 1/2株

じゃが芋 小サイズ 3個

ハム 4~8枚

サラダ豆 160グラム

トマト缶 1缶

顆粒コンソメ 5グラム

酒 大さじ1

塩 適量

ハーブソルト 適量

黒胡椒 適量

オレガノ 少々

 

作り方

1.にんにくはみじん切り、玉ねぎ、キャベツ、じゃが芋とハムはそれぞれ1~1.5センチ角位の角切りにする。(じゃが芋は煮溶けるのでやや大きめ)、しめじは小房に分け、えのきはあれば冷凍しておいたものをみじん切りにする。

2.弱火で熱した鍋にオリーブ油をやや多めに敷き、にんにくを加えて香りを出す。玉ねぎときのこ、キャベツを入れて塩少々を振って炒め、じゃが芋とハムを加える。

3.2に油が回ってきたら、潰したトマト缶とコンソメ、酒、塩を加え、水をひたひたになる程度に注いで火を強める。

4.サラダ豆を加えて煮込み、アクを取り除きながらじゃが芋が柔らかくなってきたら塩、ハーブソルト、黒胡椒で味を整える。少しとろみが出るまで煮込み、仕上げにオレガノを加えたら出来上がり。

具は角切りでゴロッと。

冷凍のえのきだけ細かく切って旨味が出るようにしてあります。

ハムはお好みでベーコンやウインナーでも。

かなり具だくさんなのでスープと言うよりトマト煮に近い感じ。

翌日には煮詰まってかなり水分減るので、次の日以降温めて食べる際は水で少し割って温めてください。

ホクホクのじゃが芋とお豆にトマト味が染み込んでご飯にもパンにも合う味。

多めに残ったらカレールーを入れればトマトの風味がフルーティーな野菜カレーにリメイクしても。こちらもおすすめです。

まだまだ熱々のスープが美味しい北海道。

そろそろ雪とお別れしたいですがもう少し掛かりそうです。