札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

甘さ控えめさつま芋とレーズンのほっくりクッキー

こんにちは、札幌ペンギンです。

北海道は急激な暖気と雨で道路がツルツル。父も朝から転んだそうです。

気温は高いはずなのに何故か家の中は寒くてストーブフル稼働。何故。

おやつが無いのでこの前買っておいたさつま芋を蒸して、端の方使ってお菓子作り。

レーズンと合わせて甘さ控えめのクッキーにしました。

普段からクッキーは手間を惜しんだずぼら仕様ですが、今回は更に惜しんで皮も取らずにそのまま突っ込む仕様(笑)。

さつま芋とレーズンの素朴な甘味のクッキーです。

 

さつま芋とレーズンのほっくりクッキー

材料(14~15枚分)

卵 1個

砂糖 1個

オリーブ油 15グラム

さつま芋 (蒸した皮付きのもの)100グラム

薄力粉 100グラム

ベーキングパウダー 小さじ1/4

レーズン お好みの量

 

作り方

1.レーズンはぬるま湯で戻して粗く刻んでおく。ボウルに卵と砂糖、オリーブ油を入れ、泡立て器でよく混ぜる。オーブンは180度で予熱しておく。

2.1に皮ごと潰したさつま芋を加え、薄力粉とベーキングパウダーを振るい入れる。ゴムべらに持ち替えて混ぜ、レーズンを加えたら粉気が無くなるまで混ぜる。

3.オーブンシートを敷いた天板に、2の生地をスプーンですくい落とす。180度で18~20分程度焼いて出来上がり。

この分量で大きめに焼いて14枚、小さめなら16~17枚位焼けます。

油分と砂糖少なめでさつま芋とレーズンの甘味がほとんど。

素朴な味です。

焼き立ては割るとややしっとり。食べるとさつま芋のほっくり感にレーズンの酸味が効いてます。

お好みでシナモンなどプラスしても美味しいかも。

春とはいえまだ温かい飲み物が美味しい時期。ホットドリンクのお供におすすめです。