札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

手作り初心者向けケーキレシピ~材料5つで簡単チョコパウンド

こんにちは、札幌ペンギンです。

明日はバレンタインですが、予定が合わなかったので、昨日の内に父と弟分のプレゼントをを作りました。

シンプルなチョコパウンドです。

パウンドケーキはスポンジケーキと違ってメレンゲを作る必要も無く、材料も分量のシンプルなので作りやすいケーキの1つ。

手作り初挑戦でも作りやすい、材料5つで出来る簡単レシピです。

 

チョコパウンド

材料(中型パウンド型1個分)

バター 50グラム(バターが無い、または足りない場合は板チョコに差し替え。)

板チョコ 50グラム

砂糖 80~100グラム

卵 2個

薄力粉 100グラム

 

作り方

1.バターと卵は常温に戻しておく。細かく割った板チョコを耐熱容器に入れ、500Wのレンジで1分加熱する。パウンド型にオーブンシートを敷き、オーブンを180度で予熱しておく。

2.ボウルにバターと溶かしたチョコを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。砂糖を加えてすり混ぜ、溶き卵を数回に分けて加える。

3.2に薄力粉を振るい入れ、ゴムべらに持ち替えて下から持ち上げるように混ぜる。生地にツヤが出て、重く感じるくらいが目安。

4.3を型に流し入れ、表面をならして中央を少しくぼませる。180度のオーブンで20分焼いた時点で一度取り出し、ナイフで縦中心に3センチ位の深さの切れ込みを入れる。更に180度で25分程焼いて出来上がり。

焼いている途中で一度取り出して切れ目を入れると真ん中にお店のパウンドケーキの様なきれいな割れ目が出来ます。真ん中部分を少し深めにするのがコツ。

バターが無かったり、分量に足りない場合は板チョコをに差し替えても美味しく出来ます。

逆に板チョコ分をバターに差し替えればシンプルなプレーン味のパウンドケーキに。

今回はビターチョコ使用で砂糖80グラム。甘さ控えめです。

 

好みに応じてチョコをミルクやホワイトにしてみたり、チョコや砂糖を増やして濃厚にしてみたり。

作り方は変わらないので好みの味を探してみてください。

元がシンプルな分、色々なアレンジのきくパウンドケーキ。

トッピングも自由自在です。

 

バレンタインに手作りをしてみたいけど何を作ろうか迷っているという方におすすめ。

パウンド型が無ければ丸型でも、深めのボウル皿でも、牛乳パックでも代用できます。

マフィン型で焼けば焼き時間も短縮出来て、切らずにそのままラッピングして渡せるので便利です。

 

一度作り方を覚えればいくらでも応用出来るパウンドケーキ。

ひな祭りに、お花見のおやつに、こどもの日に・・・とイベントから普段のおやつまで大活躍します。