札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

ずぼらバレンタイン~耐熱容器1つで出来る豆腐チョコレーズン蒸しケーキ

こんにちは、札幌ペンギンです。

前回のお休みから3日、幸いインフルではなくただの風邪でした。

まわりがインフルだらけなのでもしやと思ってたから一安心。

 

買い物に行けてないので今回は冷蔵庫の余り物メニューです。

冷蔵庫から発掘したのは板チョコ、レーズン、絹ごし豆腐。

あと乾物入れからミックスナッツ発見。

時間掛かるのはまだちょっとしんどいので時短で洗い物の少ないずぼらスイーツ。

深めの耐熱容器1つで出来るチョコ蒸しケーキ。

手間は掛けたくないけどバレンタインに手作りがしたい方におすすめです。

 

豆腐チョコレーズン蒸しケーキ

材料(直径20センチ深型耐熱容器1個分

板チョコ 1枚(約50グラム)

豆乳または牛乳 大さじ1

卵 1個

砂糖 30グラム

絹ごし豆腐 150グラム

オリーブ油 小さじ1

薄力粉 150グラム

ベーキングパウダー 小さじ1半

レーズン 20~30グラム

ミックスナッツ 適量

 

作り方

1.耐熱容器に小さく割った板チョコと豆乳を入れ、500Wのレンジで1分程度加熱する。レーズンはオイルコーティングしてあるものはぬるま湯で洗って水気を取る。

2.泡立て器で1を混ぜてチョコを完全に溶かし、卵、砂糖、豆腐、オリーブ油の順で加え混ぜていく。

3.ポリ袋に薄力粉、ベーキングパウダーを合わせて入れた物を口を締めてよく振る。

2に加えて粉っぽさが無くなるまで混ぜ、レーズンを加える。表面をならしてミックスナッツを飾る。

 

4.深型のフライパンに2~3センチの湯を沸かして、底にキッチンペーパーを1枚敷く。3をその上に乗せて、水滴防止にキッチンペーパーか布巾を挟んでフタをする。中火で10分、弱火で20分程蒸して中まで火が通ったら出来上がり。

 

大きい型でまとめて蒸すので普通の蒸しパンより蒸し時間長め。

膨らませるために最初の内だけ火強めにしましょう。

中心に楊枝を刺して生の生地が着いてこなければ完成です。

具やトッピングはお好みで。

 

豆腐入りの生地なので、冷めても柔らかいまま美味しく食べられます。

切り分けるのは冷めてからの方がきれいに剥がれます。

 

疲れた時にも優しい甘さ。

気合の入ったバレンタインも良いけど、ゆるっとずぼらなバレンタインも悪くないなぁと思う風邪ひき札幌ペンギンでした。

 

ちなみに気合が入った方のバレンタインスイーツのレシピはこちらに公開中です。

札幌ペンギンのレシピ以外にも可愛くて美味しそうなバレンタインメニューが色々あるので気になる方は下記リンクから。

limia.jp

limia.jp