札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

続・スポンジケーキが膨らまない!改善点踏まえて再挑戦した結果

こんにちは、札幌ペンギンです。

前回膨らまず失敗に終わったスポンジケーキ再挑戦しました。

前回の失敗でわかった改善点

  • 泡立て時間(爪楊枝が自立する固さまで泡立てる)
  • バターを混ぜる時は少量の生地に混ぜて馴染ませてから
  • 粉を振るう際に高い所から振るって空気を含ませる
  • 気泡の潰れた生地を入れない

この4点に気を付けて再度挑戦。

今回はシンプルに基本の分量でプレーン味に挑戦です。

基本材料(直径15センチ丸型1台分)

卵 2個

砂糖 60グラム

薄力粉 60グラム

バター 20グラム

牛乳 大さじ1

下準備

型に敷き紙を敷く。(オーブンシートや敷き紙、または白のコピー用紙でも可)

薄力粉を大きめのボウルや紙の上に20センチ程の高さから振るいにかけて空気を含ませる。

湯煎用の湯を沸かして60度に冷ましてバターと牛乳を溶かし、オーブンを180度で予熱しておく。

 

1.泡立て

前回同様60度のお湯を用意し卵と砂糖を入れたボウルを湯煎しながらハンドミキサーの高速で泡立てる。そのまま泡立って白っぽくもったりしてきたら中速にして更にしっかり泡だて、生地がリボン状に落ちる様になったら低速で泡の大きさを整え爪楊枝を刺してみて自立したら泡立て終了。泡立て時間約7~8分程度です。

2.バター投入

溶かしておいたバターの容器に大さじ1~2程の生地をすくい入れて混ぜ合わせる。馴染んだら生地のボウルに加えて混ぜ合わせる。

この段階でゴムべらに持ち替える事が多いですが今回はハンドミキサーのホイッパー部分を外してそのまま使用。気泡を潰さずに早く混ざる気がします。

 

3.薄力粉投入

2~3回に分けて混ぜながら加える。気泡が潰れない等に手早く混ぜる。

4.型に流し入れる

気泡が潰れるので出来るだけこそげないようにふんわり入れる。

余分な空気を抜くために型を2~3回落として空気抜きをする。

5.焼く

180度で予熱したオーブンに入れ170度で25~30分程度焼いて出来上がり。

逆さにして型と敷き紙を外し濡れ布巾を掛けて冷ます。

前回180度で30分焼いた所水分が飛びすぎてた感じだったので170度に下げて挑戦。

そのままだとパサパサになるので必ず濡らした布巾やキッチンペーパーを掛けてください。

ケーキクーラーがない場合は皿で冷ますと思いますがそのまま乗せると生地が張り付いて剥がしにくくなります。

オーブンシートやラップを敷いて張り付かない様にしておくのがおすすめです。

出来栄えは・・・前回は全く膨らまずパウンドケーキみたいなみっちりした食感だったスポンジケーキですが今回はようやく成功!

てんさい糖使ったので色がやや茶色いですが前回の2倍位の厚みに膨らんでちゃんと空気を含んだスポンジ状になりました。

これならデコレーションケーキの土台として使えそうです。

敷き紙なくてコピー用紙で代用した分まわりの生地が剥がれてやや見栄えが悪いのはご愛嬌。

生クリームと粒あんを添えてちょっと和風でいただきました。

口に入れると失敗作と成功作の差が歴然。

生地の中の空気の有る無しで食感が全然違いました。

口に入れるとふんわり解けるスポンジの食感は空気が必要不可欠なんだなとよく解りました。

大分スポンジらしくはなったけどもう少し仕上がりを良くしたいのでまた練習です。

誕生日ケーキついでにクリスマスケーキも作ろうかな。