札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

ハロウィンの季節到来!生クリーム不使用のヘルシーかぼちゃプリン

こんにちは、札幌ペンギンです。

ハロウィンの季節になりましたね。

我が家ではハロウィンは特にやりませんが、毎年10月の楽しみに六花亭の期間限定「かぼちゃプリン」を食べる。というのがあります。

ねっとりとした濃厚なかぼちゃとほろ苦いカラメルが何とも言えず美味しくて、もうかれこれ10年以上「六花亭かぼちゃプリンを食べないと秋が来た気がしない!」という台詞とともに10月のおやつの定番になっています。

そんなわけで今までかぼちゃプリンは買ってばかりで自分で作ったことが無かったのですが、お菓子を作ることが多くなって定番のかぼちゃプリンも1度は挑戦しておきたいと思い今回挑戦。

生クリームを使うレシピが多いけどヘルシーに絹ごし豆腐で代用しました。

かぼちゃの皮も丸ごと使います。

 

かぼちゃプリン

材料(プリン型4個分)

かぼちゃ(茹でたもの) 160グラム

絹ごし豆腐 75グラム

卵 2個

牛乳 130ミリリットル

砂糖 大さじ3

はちみつ 大さじ1

 

砂糖 大さじ2

水 大さじ1

 

作り方

1.砂糖大さじ2と水大さじ1を耐熱容器に入れ500Wのレンジで2分程加熱する。砂糖が溶けて茶色く色づいたらプリン型に入れる。後で溶けるのでそのままで良い。

2.皮ごとのかぼちゃと絹ごし豆腐をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。ボウルに卵を割り入れて泡立て器でよく溶いたところにペーストにしたかぼちゃとはちみつを入れて混ぜ合わせる。

3.小鍋に牛乳と砂糖を入れて弱火で沸騰しないように温める。砂糖が完全に溶けたら2のボウルに少しずつ分けて注ぎながら混ぜ合わせる。こし器で1度こしてプリン型に注ぐ。

4.型に1つずつアルミホイルをかぶせ真ん中に楊枝で穴を開ける。深型のフライパンに2~3 センチ程お湯を沸かした中にキッチンペーパーを1枚敷きその上にプリン型を並べる。

5.最弱火でお湯が沸騰しないように(あればフライパンとコンロの間に餅網を入れて直火にならない様に)してフタをし30~35分程蒸して出来上がり。

実はこのレシピに落ち着く前に1回失敗しまして、そのプリンはかぼちゃが少なかったのかかぼちゃペーストの部分と普通のプリンの部分の2層に分かれてしまいました。

かぼちゃペーストとプリン液のバランスが大事な様です。

かぼちゃに対して牛乳+生クリーム(今回は豆腐)がほぼ同量位が丁度良い感じ

かなりねっとり感があるので型から取り出す場合は上からスプーンなどで押すだけでは出てきません。縁にナイフを差し込んで1周させた方が上手くいきます。

 

食べた感じはかぼちゃの皮も細かくなっているので気にならずややザラッと感がある程度。豆腐っぽさもほとんど感じません。

はちみつと豆腐で控え目ながらほんのりまろやかな優しい甘さです。

生クリーム不使用の分カロリーカット。

牛乳を豆乳に差し替えれば牛乳アレルギーでも安心です。

せっかくなのでセリアで見つけたハロウィン用の紙ナプキンを敷いて撮りました。

ハロウィンの1品にも良さそう。

 

あ・・・カラメル作った後の器とスプーンは洗わずに取っておいてくださいね。

この残ったカラメルを牛乳で溶かしてキャラメルホットミルクやキャラメルカフェラテを作ってしめるのがプリン作りの後の醍醐味です!

もちろんかぼちゃプリンとの相性もバッチリですよ。