札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

板チョコをバター代わりに!バター不使用のドライフルーツチョコマフィン

こんにちは、札幌ペンギンです。

札幌は今週ずっと晴れ模様だったはずがフタを開ければ曇りだったり雨だったり。ムシムシする変な天気です。今日はやっと少しいい天気。

 

先日札幌駅の無印でドライフルーツを買ってきました。

さすが無印というべきか、ここのドライフルーツは漂白剤無添加で体に優しい仕様。

我が家のお気に入りの1つです。

チョコマフィンに入れてみました。

前回のコーヒーパウンドで無塩バター使い切ったので今回はバター不使用。

板チョコで代用します。

今回はダイソーで見つけたシリコンカップ初使用です。さらばアルミのおかずカップ!

容器に入れなくても形が崩れないし繰り返し使えるとあってとっても快適!これから活躍してくれそう。(材料欄にはややこしいので引き続きおかずカップと記載してます。容量は一緒です!)

 

バター不使用のドライフルーツチョコマフィン

材料(8号おかずカップ約8個分)

板チョコ(ビター) 60グラム

牛乳 大さじ1

砂糖 大さじ4

卵 1個

牛乳 50ミリリットル

薄力粉 130グラム

ベーキングパウダー 小さじ1

ドライフルーツ 20~30グラム(飾り分込み)

 

作り方

1.刻んだ板チョコと牛乳大さじ1を大きめの耐熱容器(この後生地混ぜるのにそのまま使うため)に入れレンジ500Wで約1分加熱する。薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておく。卵と牛乳は常温に戻しておく。

 

2.溶かしたチョコに砂糖を加えて泡立て器でかき混ぜ、溶いた卵を数回に分けて入れながら更に混ぜる。混ざったら牛乳を加える。オーブンを180度で予熱する。

 

3.粉類を加え、ゴムベラで下から持ち上げるように混ぜ、飾り分適量を除いたドライフルーツを加えて混ぜる。

 

4.生地をカップに流し入れ、上にドライフルーツを飾る。180度で25分程焼いて出来上がり。

いつもチョコ溶かした後ボウルに移してたんですがそれだとどうしても容器に残るチョコが勿体無い!という事で大きめの耐熱の器で溶かしてそこでそのまま生地作る事に。洗い物が減るしチョコも残らないので快適です。

飾り用のドライフルーツは焼くとちょっと硬くなるので気になる方は全量混ぜてしまいましょう。

安くて何にでも使えるありがたいお菓子作りの味方板チョコ。価格は変わらないままに年々ジリジリと薄く小さくなっていく姿を見ているとなんだか切ない気持ちになるのは私だけでしょうか?

数年前までは1枚70グラムはあったのが現在約55グラム、これ以上薄くならないで頑張って欲しいなと思いつつ大事に使ってます。