札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

父の日用に作ったバター半量で作るコーヒーパウンドのレシピ

こんにちは!札幌ペンギンです。

先週の雨模様から一転して今週はずっと晴れ模様!

日曜日の父の日、何か贈りましたか?私は今年はコロン(汗臭対策用)と父の日ケーキとしてコーヒーパウンドを贈りました。

コーヒーパウンドはカフェイン弱い母と弟も大丈夫な様にノンカフェインコーヒーを使用。チョコチップでカフェモカ風味にしてみました。最近はノンカフェインコーヒーが殆どのスーパーに置いてあるのでありがたい限りです。

通常パウンドケーキって小麦粉、砂糖、卵と同量のバターが必要なんですが、只今バターが高騰中で節約したいのとカロリーカット(申し訳程度ですが)のために通常の半量で作ってます。

ほろ苦コーヒーにチョコの甘みが美味しいケーキです。

 

バター少なめのコーヒーパウンド 

材料(直径15センチグラタン皿1個分)

バター 50グラム

オリーブ油 25ミリリットル

砂糖100グラム

卵 2個

インスタントコーヒー 山盛り大さじ1

お湯 大さじ1~2

薄力粉 100グラム

チョコチップ 30グラム程

粉糖 お好みで

 

作り方

1.バター、卵は常温に戻しておき、型にオーブンシートを敷いておく。インスタントコーヒーはお湯で溶かしてペースト状にし、オーブンを180度で予熱しておく。

 

2.バターとオリーブ油をボウルに入れ泡立て器でかき混ぜ分離しないようにクリーム状にし、砂糖を少しずつ加えてすり混ぜる。

 

3.溶いた卵を数回に分け2に加えて混ぜ、コーヒを加える。全て混ざったらゴムベラに持ち替えて薄力粉を振るい入れ下から持ち上げるように混ぜる。ザッと混ざったらチョコチップを加え、生地が重く感じる様になるまで更に混ぜる。

 

4.型に生地を流し入れ、数回落として空気を抜いたら180度のオーブンで45分~55分程度焼いて出来上がり。粗熱が取れたら好みで粉糖を振るう。

 

減らしたバターの代わりにオリーブ油を少し入れました。

しっかり混ぜてバターと同化させるのがコツです。卵を常温に戻すのも温度差で分離させないため。ケーキでもクッキーでもこの「材料を常温にしておく」だけで作りやすさも仕上がりも全然違うのでいつも失敗するという方は是非やってみて下さい!おすすめです。

 

父の日用に粉糖でちょっとオシャレにして盛り付け。

チョコチップの甘さとコーヒーの苦味でちょうど良いカフェモカ風味になりました。

父も気に入ってくれた様です。

甘いの苦手という方はチョコチップの代わりにラムレーズンやナッツにすると更に大人の味になります。