札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

バターの代わりにホワイトチョコでしっとり食感~レモンとホワイトチョコのマフィン

こんにちは、札幌ペンギンです。

6月ももう半ば、梅雨とはあまり縁が無いと言われる札幌でも(とは言っても近年は結構雨降ってます。蝦夷梅雨ってやつでしょうか?)雨模様の日が続いています。しかも寒い。

本州に比べれば大したことないかもしれないけどどうにもジメッとして憂うつ。

おやつくらいは爽やかにしようと思ってレモンアイシングのマフィンです。

値上がりしたバターの代わりに溶かしたホワイトチョコを入れてみたらしっとりふわふわの美味しい生地になってくれました。

 

レモンとホワイトチョコのマフィン

 

材料(8号アルミカップ6~7個分)

ホワイトチョコ 60グラム

牛乳 大さじ1

オリーブ油 大さじ1

砂糖 大さじ4

牛乳 50ミリリットル

薄力粉 130グラム

ベーキングパウダー 小さじ1

塩 ひとつまみ

 

粉糖 大さじ2

レモン汁 小さじ2

 

作り方

1.刻んだホワイトチョコと牛乳大さじ1を耐熱容器に入れて500Wで1分加熱する。チョコが溶けたらオリーブ油を加えて混ぜ馴染ませる。

 

2.ボウルに1と砂糖を加え泡立て器で混ぜ、溶いた卵を数回に分けて注ぎながら更にかき混ぜて牛乳を加える。 

3.オーブンを180度で予熱しておく。2に薄力粉、塩、ベーキングパウダーを合わせて振るい入れゴムベラで混ぜる。

 

4.耐熱のカップにアルミカップまたはオーブンシートを切ったものをセットし生地を流し入れる。天板に並べてオーブンに入れ180度で25分程焼く。

5.粉糖とレモン汁を混ぜ合わせてアイシングを作り、マフィンの粗熱が取れたらスプーンなどでアイシングを塗って出来上がり。

 

今回は自宅用で無造作にスプーンで塗っただけですがオーブンシートで絞り袋作ってライン状に掛けたり、フォークなどに浸けて振りかけるようにした方がオシャレ感が出るかも。

 

これだけでもアイシングからレモンの風味はしますがもし生のレモンがあれば生地に削った皮を入れると更に爽やかです。千切りにしてアイシングの上にトッピングも可愛いですね。市販のレモンピールでも可。

このアイシング、マフィンの乾燥防止にも役立つのでお土産用に前日焼いておく、という時にもおすすめです。

 

バターの代わりに使ったホワイトチョコが上手くいってしっとり美味しい生地に仕上がりました。これは当たり。

色々作る中でたまにこういう文句無しに上手くいった生地があると嬉しくなりますね!

ここからまたレパートリーを増やして行くのが楽しみです。