読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

金曜日は冷蔵庫の残り物お片付けデー~冷凍しめじを使った水菜と干しエビの和風パスタ

こんにちは!札幌ペンギンです。

我が家は毎週日曜日に食料品をまとめ買いします。

なので必然的に週末になると冷蔵庫がほぼ空っぽ状態。自然メニューが残り物で構成される形に。そんなわけで本日の昼ごはんも冷蔵庫の残り物。

 

本日の冷蔵庫の中身

 

◯水菜(サラダに、お鍋に肉料理の付け合せに大活躍の我が家の常備野菜)

◯干しエビ(1袋100円で売ってるオキアミ。チャーハンとお好み焼きに欠かせない)

◯冷凍しめじ(安い時にまとめ買いして冷凍してある)

 

ちなみに我が家はきのこ類が安い時いつも大量買いして冷凍保存してます。

きのこは冷凍しておくと旨味と栄養素が増して美味しくなるのでおすすめです。

しいたけは干し椎茸みたいな旨味が安く簡単に出せますし、エノキとしめじも食感は変わりますがグンと美味しいエキスが出るようになります。ばらして冷凍しておけば忙しい朝のお弁当作りにも便利。お試しあれ。

 

最近はしめじダブルパックの特売が多かったからか冷凍庫に大量の冷凍しめじが。そろそろ使わないといけない古いやつを引っ張り出しました。大サイズジップロック2.5袋分も溜まってた。自分どれだけしめじ好きなんだろう・・・。

丁度2人分残ってたパスタを使って作った本日のお昼がこちら。

 

冷凍しめじを使った水菜と干しエビの和風パスタ

材料(2人分)

冷凍しめじ 1株分弱

水菜 1株分

玉ねぎ 小サイズ1/2玉

にんにく 1片

ガラスープ粉末 大さじ1

日本酒または白ワイン 大さじ1

塩・胡椒 適量

醤油 小さじ1~2

干しエビ 適量(1掴み位)

パスタ(8分茹で) 2人分

オリーブ油 適量

 

作り方

1.パスタ用のお湯を沸かし、水菜は3センチ位に切り、玉ねぎとにんにくはそれぞれ薄切りにしておく。

 

2.パスタ用のお湯に塩とオリーブ油を1垂らし加えてからパスタを茹で始める。

 

3.フライパンにオリーブ油を敷き、にんにくを加えて香りを出したら玉ねぎと冷凍しめじを炒める。ガラスープと酒、醤油を加えたらパスタの茹で汁をお玉1杯分程加えて煮詰める。干しエビの半量を加え味を見て塩・胡椒で整える。

4.規定の茹で時間より1分早くパスタを鍋からフライパンに移し、水菜を加えて好みで粉チーズを少量掛けてザッと混ぜる。皿に盛り付け残りの干しエビを上にかけて出来上がり。

 

野菜と干しエビのみのサッパリ味ですが冷凍しめじと干しエビの旨味がしっかり出てくれたので物足りなさはありませんでした。もっとコクが欲しいという場合は仕上げの粉チーズを増やしてみて下さい。食べる時に掛けても可。

 

茹で時間は私はいつも1分早く揚げるようにしています。火を止めてフライパンに移して合わせるまでで1分は掛かるので丁度良い感じです。茹でる時のオリーブ油は麺同士のくっつき防止。

 

パスタって何故か「よし、美味しいの作るぞ!」って意気込んだ時より「ああ、パスタでも作るか・・・」っていう感じで適当に作った時の方が美味しく出来る気がします。

そのためなのか我が家で高評価のパスタが出来るのは圧倒的に週末。

美味しく出来て嬉しいけどなんか悔しい。