札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

柔らか食感のドライフルーツ入りほろ苦ココアスコーンレシピ

前回に続きスコーン回。

こんにちは!ココアは純ココア派の札幌ペンギンです。

甘さ控えめで牛乳多めのが好き。ホイップクリームなど乗ってると最高。

寒い日は特に美味しく感じます。

 

昨日、一昨日と札幌は冬に逆戻りしたような雪模様。芽吹いたばかりのチューリップが雪を被って寒そうでした。

こういうことがあるから札幌の4月はまだまだ冬コートが片付けられません。

 

今回作ったのは甘さ控えめのココアスコーン。水分多目にしっとり食感に仕上がりました。隠し味にインスタントコーヒーとチョコレートが入ってます。ちょっとカフェモカ風味。

ドライフルーツはナッツに変えても良いですね。

 

ドライフルーツ入りほろ苦ココアスコーン

 

材料 (8~10個分)

バター 50グラム

薄力粉 150グラム

純ココア 30グラム

重曹 小さじ1.5

ヨーグルト 大さじ4

卵 1個

砂糖 大さじ2

インスタントコーヒー 小さじ1

お湯 大さじ1

板チョコ・ドライフルーツ 好みの量

 

作り方

1.薄力粉、純ココア、重曹をボウルに合わせて泡立て器でかき混ぜ、冷えたバターの角切りを加えてすり合わせそぼろ状にする。ドライフルーツは軽く湯通しして戻しておき、板チョコは荒く刻んでおく。

 

2.別のボウルにヨーグルト、卵、砂糖とお湯で溶かしたインスタントコーヒーを入れて泡立て器でかき混ぜる。

 

3.1のボウルに2を加えてゴムベラで軽く混ぜ、ドライフルーツとチョコとを加えて粉気がなくなるまで混ぜる。ラップに包み冷蔵庫で1時間以上休ませる。

 

4.オーブンを180度で予熱しておく。冷蔵庫から取り出した生地を打ち粉をして2~3センチの厚みに伸ばし、好みの大きさに切り分けてオーブンシートを敷いた天板に並べ180度で18~20分程焼いて出来上がり。

 

普段のスコーンより水分大目に作っているのでモサモサ感が少なくしっとり出来ました。

その分生地がゆるいので長めに休ませてしっかり固めたほうが切りやすいです。

かなり甘さ控えめにしてあるので甘いものが苦手な方にもおすすめ。

写真は板チョコ20グラム位ですが甘い方がお好みの方はチョコ増量してみて下さい。

ジャムやクリーム付けたり甘めの飲み物と一緒にいただくのもおすすめです。

 

札幌は今日は打って変わって気温16度。ものすごい乱高下。

桜はもう少し後でしょうか?

札幌のお花見の定番はジンギスカンですが、一人でふらっとスコーン持ってお花見散歩するのも楽しそうだな・・・とスコーン焼きながら一人お花見計画を練ってみたり。

次に見る吹雪は桜吹雪になりますように。