札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

食べ応え十分のくるみレーズン入りしっとりかぼちゃケーキのレシピ

かぼちゃのケーキが食べたいと思い立って気の向くまま作ってみたかぼちゃケーキ

カラントレーズンを湯戻ししてから入れてみたらかぼちゃの甘みにカラントレーズンの仄かな酸味が効いて良い味になりました。

 

こんにちは!札幌ペンギンです。

今週初めてふきのとうを発見。やっと札幌も春らしくなってきました。

かぼちゃケーキだと春というより秋っぽい?と思いつつ、すでにお腹がかぼちゃケーキモードになってしまったので食欲の赴くまま今回はかぼちゃケーキを作ることに決定。

メープルシロップとヨーグルトを隠し味に加えてみました。

 

くるみレーズン入りしっとりかぼちゃケーキ

 

材料(大きいパウンド型1個分)

かぼちゃ 蒸して皮を取り除いたもの100グラム

薄力粉 100グラム

無塩バター 常温のもの100グラム

卵 常温のもの2個

砂糖 55グラム

メープルシロップ 大さじ3

ヨーグルト 大さじ2

くるみ 30グラム

カラントレーズン 30グラム

 

作り方

1.薄力粉は泡立て器でかき混ぜておく。かぼちゃはフォークなどで潰し、ヨーグルトとメープルシロップを加えてペースト状にする。くるみは乾煎りして刻み、レーズンは湯を沸かした鍋に入れて軽く湯戻ししザルに上げる。オーブンは190度で余熱する。

 

2.泡立て器でクリーム状にしたバターに砂糖を数回に分けて加えながらすり混ぜる。混ざったら解きほぐした卵を少しずつ加えて更に混ぜる。

 

3.全て混ざったら1のかぼちゃペースト半量を入れてゴムベラで混ぜ、薄力粉半量を加える。ザッと混ざったらくるみとレーズンを加え残りのかぼちゃペーストと薄力粉を加えて下から持ち上げるように混ぜる。

 

4.生地がやや重く感じるくらいまで混ぜたらクッキングシートを敷いた型に流し入れ180度で50分程焼いて完成。

 

今使っているカラントレーズンは油コーティングなしでそのまま使える物ですが、やっぱり湯戻しするとよりぶどうの味がしっかりします。

メープルシロップとヨーグルトはそれ自体の味は感じませんがしっとりした仕上がりに一役買っている感じ。メープルがなければハチミツか、砂糖をその分増量しても可。

パウンド型で焼いていて、分量もパウンドに近いですが膨らみませんでした。

かぼちゃが多かった・・・?

ずっしりした身の詰まったケーキという感じの仕上がりです。かなりのかぼちゃ感。

焼き立てでも冷やしても美味しく食べられます。

スーパーを見ながら次あたりは春色のお菓子でも作りたいなと思いつつ、目の前に黄色のかぼちゃがあるとついついまたお菓子にしたくなってくる今日このごろ。

このブログに4月中に春色のお菓子が載ることはあるんだろうか・・・。