読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

お茶のお供にお手軽レーズンシナモンクッキーとチョコクッキー

健康とレシピ

甘いものを切らしてしまったのでお茶菓子にクッキーを焼きました。

バター無し、型もいらず寝かせる必要もないお手軽おやつ。ホットケーキ感覚で食べたい時に食べる分だけササッと作って食べられるクッキーです。

 

こんにちは、市販のクッキーはムーンライトクッキーが好きな札幌ペンギンです。

 

今回のクッキー、以前紹介したドロップクッキーと分量作り方共ほぼ同じですが見た目も食感も違う感じになりました。

味以外で前回と変えたのは卵の温度と牛乳。シナモンクッキーは常温の卵で作り、チョコクッキーは生地が硬かったので牛乳を少量加えました。

素材の温度でも仕上がりは結構変わる様です。今回の生地は柔らかめ。

ナッツを入れなかったこともありツルンとした表面のしっとり食感。ザクザクしたのも好きですがこれはこれで美味しいです。

いいやザクザククッキーが食べたい!という方はこちらの記事をどうぞ!

ザクザクです。

penguin-hkr-days.hatenablog.jp

 

バター無しのシナモンレーズンクッキー

 

材料(8枚分)

薄力粉 100グラム

シナモンパウダー 小さじ1~2

砂糖 大さじ1

卵 1個

オリーブ油またはサラダ油 大さじ1

カラントレーズン 大さじ2

 

作り方

1.卵を常温に戻しておき、薄力粉とシナモンパウダーを合わせてボウルに入れ泡立て器でかき混ぜる。オーブンは180度で予熱しておく。

 

2.別のボウルに砂糖、卵、油を入れて泡立て器でかき混ぜ、1の粉を加えヘラで混ぜ合わせる。ざっと混ざったらカラントレーズンを加えて粉気がなくなるまで混ぜる。

 

3.オーブンシートを敷いた天板に生地をスプーンですくって落としていく。

 

4.180度のオーブンで18分位焼いて出来上がり。

 

バター無しのチョコソース入りレーズンココアクッキー

 

材料(8枚分)

薄力粉 100グラム

純ココア 大さじ2

チョコソース 大さじ1

卵 1個

砂糖大さじ1

オリーブ油またはサラダ油 大さじ1

牛乳 大さじ1~2

カラントレーズン 大さじ2

 

作り方

1.薄力粉とココアをボウルに入れ泡立て器でかき混ぜておく。オーブンは180度で予熱しておく。

 

2.別のボウルに砂糖、卵、油、チョコソースを入れて泡立て器でかき混ぜ、1の粉を加えヘラで混ぜ合わせる。ざっと混ざったらカラントレーズンを加えて粉気がなくなるまで混ぜ、牛乳を加えながらスプーンですくい落とせる硬さに調節する。

 

3.オーブンシートを天板に敷き3の生地をスプーンですくい落とす。

 

4.180度のオーブンで18分位焼いて出来上がり。

 

シナモンやチョコの風味をもっと感じたいという方はそれぞれシナモンパウダーとチョコソースの量を増やしてみてください。

この2種類、粉類をかき混ぜるボウルは使いまわし、シナモンクッキーを作った後のボウルでそのままチョコクッキーを作ればボウルは大小1つずつで済みます。シナモンの生地が少量混ざりますがココアの味のほうが強いので気になりませんでした。

すぐに出来る生地なので1種類作った後にもう1種類作って一緒に焼く、という作り方でも大丈夫。

コーヒー、紅茶のお供に1品ほしいと思った時におすすめです。