札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

札幌ご当地パンの味を自宅で楽しむちくわトーストとツナあん再利用蒸しパン

 

ここ数年でだいぶ有名になった札幌のご当地パン「ちくわパン」

ちくわの食感とツナの旨味がパンによく合うと人気のパンで私も大好きです。お店のも好きですが我が家では食パンが余った時に作る「ちくわトースト」が主流。

今回はこの我が家流「ちくわトースト」と前回ご紹介した「ツナあん」の残りを再利用したおかず蒸しパンの2品を作ってみました。

 

三寒四温とはよく言いますが今週の札幌は正にそんな感じ。プラスとマイナスを行ったり来たりしています。

こんにちは、コートの下の服装を春服にするか冬服にするかで悩む札幌ペンギンです。この時期が一番着るものに迷いますね。雪解けでまだしばらくブーツは手放せません。

 

f:id:sapo1728-htn:20170228145011p:plain

出典:お店の紹介|焼きたてパンの店 DONGURI

 

某県民バラエティ番組の影響で知る人も多くなったちくわパン。その名の通りパンの中にまるごと1本のちくわにツナマヨサラダを詰めたものが収まった札幌名物です。

 

通常売っているものは殆どがロールパン型ですが急に食べたくなった時、我が家では食パンにちくわの輪切りとツナマヨを乗せて焼いたピザトースト風ちくわパンを作ります。

ランチにぴったりのお手軽メニューです。

 

ちくわトースト

 

材料(4~6枚分)

好みの厚さの食パン 4~6枚

ちくわ 一袋

玉ねぎ 中サイズ1/2玉

ツナ缶 1缶

マヨネーズ 大さじ1~2

ピーマン 1/2個

とろけるチーズ 適量

オレガノ 適量

 

作り方

 

1.ちくわは輪切り、玉ねぎは横半分に切ってから縦に薄切りし、ツナ缶は水気を切る。

 

2.1をボウルに入れマヨネーズを加えて混ぜる。

 

3.2を食パンに乗せ薄切りにしたピーマンをトッピングしオレガノとチーズをかけトースターで焼き目が付くまで焼く。

 

この他コーンを入れたり、ピーマンをパセリにしても美味しいです。オレガノは入れるとちょっと本格的な味になります。

 

こちらは前回の中華まんの具の残りをアレンジ。母のリクエストで蒸しパンにしました。

甘じょっぱくて鉄板の美味しさです。

 

ツナあん蒸しパン

 

材料 (約プリンカップ6個分)

 

ホットケーキミックス 200グラム

牛乳 150~200ミリリットル

砂糖 大さじ1

塩 ひとつまみ

ツナあんの残り 蒸しパン1個あたり小さじ山盛り1杯程度

 

ツナあんのレシピはこちら。 

penguin-hkr-days.hatenablog.jp

作り方 

1.ホットケーキミックスに砂糖、塩を加え泡立て器でかき混ぜておく。

 

2.1に牛乳を3回ぐらいに分けて加え、ホットケーキの時よりやや硬めの生地を作る。

 

3.耐熱の容器にアルミカップまたはクッキングシートに切れ目を入れたものを敷き、生地を半量ほど入れ、ツナあんを入れて残りの生地をかぶせる。

 

4.容器の高さの半分程度の量の湯を沸かしたフライパンの中にキッチンペーパーを1枚敷き、その上に生地を入れた容器を並べてフタをし強~中火で15分位蒸して完成。

 

ツナあんの水分で表面ややベタついてますが少し置いておくと気にならなくなってきます。

中華まんとはまた違ったもふもふ食感です。

こちらもランチに丁度良いボリューム。ふかしたての熱々を頬張ってみて下さい!

 

明日はもう3月。まだまだ冷える札幌ですが熱々のちくわトーストと蒸しパンを食べながら春を待ちたいと思います。今年の桜はいつ見られるでしょうね?