読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

正月太り解消!お腹にたまるダイエットメニュー2品

そろそろ正月気分も抜けてきた今日このごろ。残されたのは正月太りのつまめるお腹。

今日はそんな毎年繰り返されている正月明けの悩みを解消するべく作った正月明けダイエットメニューをご紹介。

こんにちは、毎年この時期は正月太りと着ぶくれで体型がよりペンギンぽくなっていくことに戦々恐々としている札幌ペンギンです。

 

太るのはわかってるけどそんな時に限って無性にソースの掛かった粉モノやクリーム系が食べたくなるんですよねどうしてでしょう?できるだけ我慢するんですがそれでも食べたくなった時、私がよく作るのが小麦粉抜きのお好み焼き。ふわふわに出来てローカロリー、普通のお好み焼き美味しいかもしれません。我が家のレシピはこちら。

 

小麦粉なしのふわふわお好み焼き

 

材料(2人前)

 

卵 2個

長芋 中サイズ長さ8~10センチ程度

片栗粉 大さじ1

顆粒和だし 2.5グラム

砂糖 小さじ1

塩 ひとつまみ

キャベツ 2~3枚

長ネギ 10センチ位

ちくわ 2本

ごま油 適量

 

ソース・マヨネーズ・鰹節

 

※卵と長芋の割合は変えても可。卵は多めの方がひっくり返し易いかもしれません。

 

作り方

 

1.キャベツは千切り、長ネギちくわは小口切りにしてボールに入れ片栗粉をまぶしておく。

2.長芋をすりおろし卵を割り入れて混ぜる。

3.2に砂糖、塩、和だしを加えて混ぜ、1の野菜を合わせて混ぜる。

4.熱したフライパンにごま油を敷き3を流し入れて焼く。

5.焼き色が付いたら引っくり返し、もう片面にも焼き色が付いたら出来上がり。

 

我が家のお好み焼き用ソースは中濃1:ケチャップ1で作ることが多いです。ポン酢や醤油で食べてもさっぱりしておすすめです。

 

クリーム系が食べたい時はこちら。厚揚げのボリューム感と豆乳ホワイトソースのコクでダイエット中でも満足の一品。

 

 

厚揚げの和風グラタン

 

材料(4人前)

 

厚揚げ 2枚

小麦粉 大さじ2

中華だし 大さじ1強

酒 大さじ1

味噌 大さじ1弱

豆乳 500~600ミリリットル位

玉ねぎ 1/2個

にんにく 1片

きのこ(しめじ、しいたけ、えのき等お好みで)適量

ハム 4枚

チーズ 適量

オリーブ油 適量

胡椒 適量

 

作り方

 

1.厚揚げは熱湯を掛け油抜きをし、縦半分にしてから厚さ1センチ位に切ってペーパータオルで水気を取っておく。

2.玉ねぎは薄く半月切り、ハムは短冊切り、きのこは適当な大きさに切る。

3.フライパンにやや多めのオリーブ油を敷き刻んだにんにくと玉ねぎを入れ、きのことハムも加えて炒める。

4.3に小麦粉を加え、油と馴染んでペースト状になり粉っぽさがなくなったら豆乳を入れて強火で小麦粉を溶きながら煮立たせる。

5.4に酒、中華だし、味噌を加える。胡椒で味を整える。

6.耐熱容器またはアルミホイルで作った入れ物に厚揚げを並べ5とチーズを掛けオーブントースターで焼き目を付けて出来上がり。

 

ホワイトソースに味噌の組み合わせは良く合います。クリームシチューの隠し味にしても美味しいですよ!具は鮭がおすすめ。グラタン用ホワイトソースの豆乳は絹ごし豆腐をペースト状にして牛乳を足しても代用できます。

 

今日も続く大寒波、雪かきでカロリー消費した後にほかほかダイエットメニューで暖まれば案外早く正月太りも解消されるかも?・・・でもその後に絶対甘いもの食べたくなるしな(汗)

私の正月太りが解消されるのはまだ当分先になりそうです。