読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

我が家のおせち事情

季節と雑談 健康とレシピ

f:id:sapo1728-htn:20161226161555j:plain

ところ変わればおせちも変わる。

地域に限らず家単位でもおせちって色々な違いがありますよね。

 

こんにちは。クリスマスが終わり我が家では今日からちょこちょこと大掃除が始まりました。洋服だんすを見直して今回こそは福袋買うの止めておこうと自分に言い聞かせているSapo1728です。

 

よく「北海道ではおせちを大晦日から食べる」という話を耳にするんですが我が家では食べません。母が本州の人間だからなのかわかりませんが、おせちは毎年元旦から食べています。

道産子の友人に聞いても大晦日派と元旦派で半々くらいなので北海道でも全部が大晦日派というわけでは無いようです。

 

おせちというとよくデパートで売ってるお重に入った物のイメージですが、我が家でお重が出てきたことって殆どありません。

我が家のおせちはいつも大皿で出てきます。伊達巻にかまぼこ、黒豆と栗きんとん、なます。それに家族みんなが好きな焼豚やエビなど。それに醤油味のお雑煮が元旦の定番です。

時折「今年は買って済ませようか?」という話も出るんですが「家で作ったほうが全員が食べられるものだけ入れられて無駄が無いから」という理由でもう10年以上この形が続いています。

 

大晦日は年越しそばとおでん。大鍋いっぱいのおでんは元旦も続投し、正月3日間ずっと食べてます。具が少なくなってくるとじゃが芋を投入。お出汁でいい味が出ます。

この時のじゃが芋がおでんの具の中で一番美味しいと思う。

そう考えると我が家のおせちはおでんが主役と言っても良いのかもしれません。

 

デパートのキラキラしたおせちにも惹かれるけど、最終的にはこの我が家の大皿おせちとおでんが一番美味しいと毎年思います。

皆さんの家にも「うちだけのおせち料理」ありますか?