札幌ペンギンの家事室より

札幌在住札幌ペンギンのブログ。火曜・金曜更新です。

無料のはがきデザインキットで今年も年賀状!

f:id:sapo1728-htn:20161215234935j:plain

毎年の年賀状どうやって作ってますか?

クリスマスまで10日を切りました。つまり、元日着の年賀状の投函期限も残り10日ということです。

 

筆不精といえどもせめて年始の挨拶ぐらいは!と頑張って毎年25日に間に合わせるSapo1728です。

類は友を呼ぶのか友人もみんな筆不精、友人間の生存確認はほぼ年賀状頼みなのです。これで出さなくなったら消息不明まっしぐら。

なので期限秒読みのこの時期はクリスマス気分もそこそこにはがきと格闘します。

 

年賀状を書くにあたってここ数年すっかり頼りにしているのは日本郵便株式会社のHP「郵便年賀.jp」からインストール出来る「はがきデザインキット」

これを使ってしまうともう手書きの頃には戻れません!

無料ながら使い勝手の良さと素材の充実ぶりはこの時期書店に並んでいる有料の年賀状ソフトにも劣りません。

 

はがきデザインキットの特徴はこちら。

 

1. ウェブ版、インストール版、スマホ版で幅広く対応

 

このはがきデザインキット、使用する際には使用環境や印刷方法に合わせて3種類のソフトを選べます。ウェブ版はパソコンにインストールする必要なくネット上でデザインし、宛名を登録してそのまま郵便局に発注投函してもらえ、毎年大量の年賀状を業者に注文するという方にはパソコン一つで全てが完了出来ておすすめ。

私は自宅のプリンターで印刷しているためインストール版。容量も軽く動作もサクサク、一度インストールしておけば毎年立ち上げるたび最新版にアップデートしてくれるので再インストールの必要もありません。

更にスマホしか持っていないという方にも安心。スマホ版でデザイン可能、発注投函にもプリンター印刷にも対応してくれるという親切さ。

 

2. 充実の素材

 

無料と効くとあまりデザインの選択肢が無いんじゃないかという不安がありますが、大丈夫。

テンプレートからパーツ素材まで、幅広いデザインに対応出来る量が揃っています。素材の検索システムも解りやすく、好みのものを探し出すのもスピーディーです。目上の方に送る格式高いデザインから子供の喜ぶ可愛いデザインや写真対応まで、老若男女、個人用商用を問わず気に入るデザインが簡単に作れます。

しかもこのソフト、年賀状以外にも喪中はがきや寒中見舞いにも対応。更にそれ以外にも結婚出産引越に卒入学、お祝いやサンクスカードまで、およそはがきで作るものならなんでも出来ます。様々なシーンで活躍するので一度使ってみてください!

 

3. 簡単操作でノンストレス

 

パソコンで年賀状を自作。大分当たり前になってきましたがまだ苦手意識のある方も多いのでは?

騙されたと思って1回試してみてください。シンプルな操作方法でパソコンを普段使わない方にも優しく出来ています。

初めにこのソフトを使い始めた当初、パソコン操作がサッパリで指1本でキーボードぽちぽちやってた私でも大丈夫だったのでそこは保証します。お子様からお年寄りまで使える優しさです。

 

さて、長いことお世話になっているはがきデザインキットについて熱く語ってしまいましたが、もちろん手作りの年賀状だって素敵です。いもばんや消しゴムはんこの年賀状を見るとほっこりします。手書きの味はパソコンじゃ出せません。

それでも忙しい時「ちょっと楽したいな」という場合には宛名と差出人名のみ印刷してみたり、モノクロイラストだけ印刷して周りにマスキングテープやスタンプでカラフルにしてみるとか、色んな作り方に利用するのも楽しいですね。

来年は酉年。どんな年賀状にしましょうか?