読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

毎日書くって難しい。三日坊主が考えた日記継続法とブロガー礼賛

季節と雑談

f:id:sapo1728-htn:20161204014653j:plain

 

ブログを書き始めて数日。この拙いブログサイトにも読んでくださる読者様がつき始めました。

本当にありがとうございます!

始めた当初、プロフィールにも書いた通り「一日一記事」の目標を立て、さあやるぞ!と意気込んだわけなのですが・・・見るとやるとじゃ大違い。早速コケている札幌ペンギンもといSapo1728。

実を言うと今まで何度も日記というものに挑戦しては挫折しています。

 

小学校の夏休み絵日記、大人になってから手帳の活用のために挑戦した日記。

 

見事に完敗でした。

 

書き出しが思いつかない、気が付けば献立の事ばかり、3日前にも同じ事書いてあったetc・・・

 

はい。日記書けない人の典型ですね(汗)

そんな三日坊主人生から脱却するために始めようと考えたのがブログでした。

何故ブログかと言うと、日記を続けるには「自分の日記が続かない理由」を解消すれば良いんじゃないかと思ったからなのです。

 

1. 自分だけの日記から誰かへ向けた日記へ 

 

過去に書いて挫折した日記って「自分だけが見る日記」でした。

自分に向けて自分で書いて、自分で読む。

それはそれで人に言いにくいことや秘密を書いても良いし、考えている事を吐き出す場所が必要な人もいるでしょう。そういう人は「日記が書ける人」です。

しかし私の場合は違う方に考えが向いてしまってたんですね。

 

「ここに考えていることや秘密の事を書いて、もしうっかり人に見られたらどうしよう・・・」と。それで書くことに行き詰まってました。

 

だったら「自分だけが見る日記」じゃなく「誰かに向けた日記」なら書けるんじゃないか?

 

独り言ってずっと言い続けられませんよね?その内言葉にするのも面倒になって黙ってしまう。でも誰かに向けていると思えば少しづつでも言葉って出てくるんですよね。

そんなわけで「ブログ」という「誰かに向けた」形を取ることにしました。

 

2. 先に「キーワード」を決めてしまう。

 

文章を書くときって「なんでも良い」と言われると書きにくくありませんか?

いつも日記を書く時、それで悩んでました。

でもよく考えたら何も「その日あった事を順番に書く」なんて決まりはないのですよね。

 

その日思った事、気になった事や新しく知った事。一部だけクローズアップして書いたって良い。

 

私はどこか昔から「日記はあった事を順番に書かなければならない」という固定概念に縛られていた気がします。

 

色々なサイト様のブログを読むようになり、やっと自分の日記に対する概念がかなり狭いらしいという事を認識したのです。

 

その日の「キーワード」をあらかじめ決めて書く。

 

そうすると確かに、頭の中でバラバラになっていた文章がスムーズに出てくる様になりました。

 

3. 書くことを意識して過ごす。

 

他のサイト様のブログを読んでいると、本当に毎日いろんなことが書いてあるんです。何年も続いているブログでも毎回被る事なく書いてあります。

 

日常の些細なことでも面白い読み物になっている。

 

それってそれだけ「書くことを意識して」日々を過ごしているって事ですよね。

書く時にどう書くか、どこに要点を置くか。なんとなく過ごしていたら忘れてしまいそうな部分もよく観察している事が分かリます。そういう文章を書く人がたくさんいる。

 

特に何もない日でも意識して過ごすだけで「書く事」っていっぱいあるんですね。

日記を書くって「毎日をよく見る事」なのかもしれません。

f:id:sapo1728-htn:20161204014748j:plain

まとめ

 

色々書いているうちに午前0時回ってしまいました。また一日ブログが空いてしまいました(涙)

タイピング技術と文章力が切実に欲しい。

当初の目標は頓挫してしまいましたが、1000文字以上の文章を宿題と仕事以外でこれだけ連続して書いたのって初めてかもしれません。

言い訳ではありませんが私にとっては大躍進です。

 

出だしでコケたSapo1728ですが、これからも書き続けたいと思っています。

今人生で初めて書く事が楽しいと思えているから。

 

様々な理由で毎日ブログを書いてる人がいるでしょうが私はそんなブロガー様達を尊敬します。

毎日何かを見て考えて、人に伝わるように文章にする。

簡単に見えて難しい。でも出来たらうれしい事。

また明日から頑張ります。まずは一年続けるぞ!