札幌ペンギンの家事室より

札幌に生息する寒がりのペンギンが日々の衣食住と好きなもののあれこれを書いてます。毎週火曜金曜更新。

巨大あずきバー?いいえ焼き菓子です!あずきバーと豆腐の焼き和菓子

こんにちは!札幌ペンギンです。

これ、パッと見巨大なあずきバーに見えますが違います。

あずきバーと豆腐で作った和風の焼き菓子。

出来上がってみたらなんだか見た目巨大あずきバーみたいだったのでアイス用スプーン刺してみたらそっくりになりました(笑)

 

ケーキと呼ぶにはもっちりズッシリしすぎてる感じ。和菓子の「ういろう」よりあっさりで「かるかん」よりもっちりした食感です。

焼き菓子だけど洋菓子って感じでは無いので焼き和菓子。緑茶に良く合います。

 

あずきバーと豆腐の焼き和菓子

材料(14✕6.5センチパウンド型1個分)

あずきバー 1本(86グラム)

絹ごし豆腐 150グラム

砂糖 60グラム

塩 ひとつまみ

卵 1個

オリーブ油 50ミリリットル

薄力粉 100グラム

 

作り方

1.あずきバーを棒から外して耐熱容器に入れ、500Wで30~40秒ほど加熱して溶かしておき、オーブンを180度で予熱しておく。

 

2.ボウルに豆腐を入れ泡立て器でクリーム状になるまでかき混ぜ、砂糖、塩、卵、溶かしたあずきバーを加えて混ぜる。

3.オリーブ油を加えて混ぜ、薄力粉を振るい入れる。ゴムべらに持ち替えて下から持ち上げる様に混ぜ、オーブンシートを敷いたパウンド型に生地を流し入れる。

4.2~3度落として空気を抜き、180度のオーブンで40分程焼いて出来上がり。

 

粗熱を取って少し冷やしたほうが小豆の甘みが出て美味しくなります。

普通のゆであずき缶でも作れると思うけど安くて手軽なあずきバーを使いました。

今回はシャトレーゼあずきバー使いましたがコンビニでも売っている井村屋とかのでも。甘みがメーカーによって多少違うと思うので砂糖の量は調整してみてください。

切ってお皿に乗せると羊羹みたいな風貌。

色はあずきバーそのまま。

食感は昔食べたういろうに近い感じ。むっちりもっちり。でも甘さ控えめでお豆腐の割合が多いからかういろうより軽い後味です。

最近出たデカフェ生茶と一緒に食べたらすごく合った。

緑茶のデカフェって今まで無かったのでスーパーで発見して買ってみたんですが、しっかり緑茶の味がして美味しかったです。 

キリン 生茶デカフェ  PET 緑茶(430ml×24本)

キリン 生茶デカフェ PET 緑茶(430ml×24本)

 

最近あまり和菓子食べてなかったけど(白玉は作ったけどどちらかと言うと洋菓子やおかず寄り)また緑茶に合いそうなお菓子作りたいなぁ。

 

 

続・余った白玉粉レシピ~かぼちゃのチーズ白玉レシピ

こんにちは!札幌ペンギンです。

お墓参りや帰省・Uターンラッシュで人がごった返す映像はこの時期の風物詩ですね。

我が家はいつもお墓参り(お墓は近場)だけして帰省の時期は出来るだけお盆からずらすことにしています。

でも結局他の用事が入るから忙しいのはあまり変わらず。

前回余った白玉粉の活用レシピとしてカフェモカ白玉をご紹介しましたが、その後なんとまた戸棚の奥から別の白玉粉が。

どんだけため込んでるんだろう白玉粉・・・。

なので今回は食事向けにかぼちゃとチーズで。

ももちより軽めの一口サイズのチーズ入りかぼちゃ団子です。

 

かぼちゃのチーズ白玉

材料(15~16個分)

白玉粉 50グラム

かぼちゃ(茹でたもの。煮物の残りなど)50グラム

豆乳 25~50ミリリットル

切れてるチーズ 3枚分

 

作り方

1.皮を取り除いたかぼちゃを潰してペースト状にする。切れてるチーズは重ねて包丁で小さめの角切りにしておく。

2.ボウルに白玉粉とかぼちゃを入れて手で捏ね、様子を見ながら豆乳を加えて耳たぶ位の硬さに練る。

3.白玉生地を小さめの一口大にちぎり、チーズの角切りを入れて丸める。沸騰したお湯に入れて自然に浮き上がって来たら冷水に取って冷まし出来上がり。

かぼちゃの甘味とチーズの塩気が美味しいモチモチの白玉。

そのままでも良いですがスープやシチュー、カレー、グラタンなどにちょっと変わった具として入れるのもおすすめ。

トマト味の野菜スープに入れると赤と黄色がきれいです。

こちらはシンプルにバター醤油でこんがり焼きました。個人的にはこれが1番好き。

人が集まる時に料理をもう1品・・・という時の箸休めメニューにどうでしょう? 

 

余った白玉粉で食後のプチデザート~カフェモカ白玉

こんにちは、札幌ペンギンです。

時々、白玉が妙に食べたくなる時があって白玉粉を買うんですが、その後ハンパな量が余ったまま戸棚に長いこと居座ってたりします。

シンプルな白玉団子であんこやきな粉も美味しいけど今回はちょっと違った味に挑戦。

チョコとインスタントコーヒーでカフェモカ味にしてみました。

 

カフェモカ白玉

材料 (10個前後分)

白玉粉 60グラム

インスタントコーヒー 小さじ1

砂糖 大さじ1~2

豆乳 50ミリリットル

板チョコ 約1/3~1/2枚

ココアパウダーと牛乳 お好みで

 

作り方

1.白玉粉、砂糖を混ぜ合わせ、豆乳にインスタントコーヒーを溶かしたものを加えてこねる。

2.板チョコを1センチ角弱位に割ったものを1口大にちぎった1の生地に包み、丸めてやや平べったい形にする。

3.湯を沸かした鍋に2を入れて茹でる。自然に浮き上がってきたら冷水にとって冷やして出来上がり。好みでココアパウダー、牛乳などをかけて食べる。

冷やして食べたりアイスやコーヒーゼリーのトッピングにも。

もち米なので冷蔵庫に入れると硬くなりすぎるみたい。茹で上げて冷水で軽く冷やした位がちょうど良さそうです。

食べきれなくて冷蔵保存の場合はしばらく常温に置いて柔らかくしてからがおすすめ。

温かいまま食べても中のチョコが柔らかくとろけて美味しいです。

夏にも冬にも食べたくなる感じのデザート。

お腹にたまるので小さめのカップに少量を盛って、牛乳とココアパウダーを掛けて食後のデザートにしてみました。ちょこっと甘いものが欲しい時にはちょうど良い量です。

今回はチョコ多めにしたかったがために1個が大きめなので早く火が通る様に平べったい形状にしてます。

もう少し小さめにしてまん丸にした方が見た目は可愛かったかも。

来月はお月見があるので他にも味違いでいくつか作ってカラフルお月見団子にしても楽しいかもしれませんね。





小腹が減った時のお手軽満足メニュー干しエビと小ねぎのチーズ焼きおにぎり

こんにちは、札幌ペンギンです。

普段家にいる時、お昼ごはんはパンや朝ごはんの残りで軽く済ませることが多いんですが、たまにそれだけだと小腹が減ることも。

もう1品ほしいな、と思った時に作ってみて最近ハマったのがこの焼きおにぎりです。

味付けは麺つゆのみ。かつおだしとチーズが良く合います。

簡単に出来てお腹にたまる満足ごはんです。

 

干しエビと小ねぎのチーズ焼きおにぎり

材料(小さめサイズ6個分)

ごはん 1合分くらい(写真のは雑穀米)

干しエビ 大さじ3

小ねぎ 大さじ5~6

切れてるチーズ 6枚

麺つゆ 小さじ2(濃縮2倍タイプ)

塩 適量

ごま油 適量

 

作り方

1.小ねぎは小口切り、チーズは5ミリ角位の角切りにする。

2.ごはんに麺つゆを加えて軽く混ぜ、小ねぎ、干しエビ、チーズを入れて切るように混ぜ合わせる。

3.ごはんを6等分して水と塩を付けた手で握り、ごま油を敷いたフライパンで焼く。

4.弱めの中火で2~3分焼き焦げ目が付いたら裏返してもう片面にも焦げ目が付くまで焼いて出来上がり。

 

ごま油と焦げたチーズ、干しエビと小ねぎの香りで焼き立ては何とも食欲がそそられる香りがします。

シンプルな醤油の焼きおにぎりも好きだけどこういう混ぜご飯のも大好きです。

ベランダ菜園のチャイブがある時は小ねぎの代わりにチャイブを使う事も。チャイブを使うとやや香りが控え目で上品な味に。

 

焼き立てをそのままでも、スープの具にしてほぐして食べても美味しく食べられます。

和風のスープはもちろん、チーズ入りなので豆乳や牛乳仕立てのスープにも。

今回は冷蔵庫のブロッコリーとトマト、新生姜を付け合わせに焼き立てをそのままいただきました。

焼きおにぎりのお供はたくあんとか浅漬けも美味しいけど今時期だとピリッと爽やかな新生姜が一番お気に入りです。

 

少し前まで我が家でお冷やご飯を使ったお昼ごはんと言うと大体チャーハンでしたが、この焼きおにぎりを作り始めてからはすっかりこちらが主流。

コンロ使う時間も短いので暑い日にはオススメのメニューです。











 

時々無性に食べたくなる素朴な味のはちみつ豆腐蒸しパン&LIMIA記事更新のお知らせ

こんにちは、札幌ペンギンです。

一時期凝って色々作っていた蒸しパン。熱が冷めてしばらく作っていませんでしたがふと無性にシンプルな蒸しパンが食べたい衝動に駆られて作ってみました。

たまにありますよね、無性に何かが食べたくなることって。

冷蔵庫に賞味期限間近の豆腐を見つけたので豆腐とはちみつの蒸しパン。

余計なものは入れずに作ります。

 

はちみつ豆腐蒸しパン

材料(8号おかずカップ6個分)

絹ごし豆腐 充填豆腐1パック分150グラム

はちみつ 大さじ3

卵 1個

塩 ひとつまみ

薄力粉 150グラム

ベーキングパウダー 小さじ1

オリーブ油 大さじ1

 

作り方

1.フライパンに2~3センチほど水を張り沸騰させておき、絹ごし豆腐をボウルに入れ泡立て器でクリーム状にすり混ぜる。はちみつと卵を加えて更に混ぜる。

2.薄力粉とベーキングパウダー、塩を合わせて振るった物を1に加えて混ぜ、オリーブ油を入れて混ぜる。

 

3.おかずカップに生地を入れ、平皿に並べ、湯を沸かしたフライパンに簡易蒸し器を置きその上に皿を乗せる。水滴防止のキッチンペーパーを挟んでフタをして中火で13~15分程蒸して出来上がり。

今回はシリコンカップを使用。型くずれしにくいのでそのまま皿に乗せて蒸しました。

簡易蒸し器が無い、アルミのおかずカップで型崩れが心配な場合の蒸し方はこちら。

1.フライパンに水を2~3センチほど張って沸騰させる。その中に浮き上がり防止のキッチンペーパーを1枚敷く。

 

2.ヨーグルトカップ等の大きさの合う耐熱容器におかずカップを入れて生地を流し入れ、湯の中に並べる。

 

3.水滴防止のキッチンペーパーを間に挟んでフタをして蒸す。

はちみつと豆腐の効果でしっとりモチモチの食感。味もあっさりと甘さ控えめなのでごはんにもおやつにも食べられる味です。

色々な味の蒸しパン作ったけどやっぱり1周まわって最後に食べたくなるのはこういうシンプルな蒸しパンなんですよね。ホッとする味です。

 

本日LIMIAの記事も更新しました。

「節約丑の日ごはん!さんま蒲焼缶で作る薬味ご飯」

limia.jp

今週土曜日の土用の丑の日にちなんで丑の日ごはんメニュー。

ウナギが無い時の代用品としてさんま蒲焼缶を使った節約レシピです。

土用の丑の日のメニューがまだ決まってない方は是非見てみてくださいね!